|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2013年04月17日/二つの再会

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
夕方、突如巨大な月匣が展開されたので現場に急行すると
セリアと彼女をもう少し大人にしたような女性が争っていた。

それがグレンカであり、譲を襲った犯人であることはなんとなく理解できた。
あまりにも禍々しく攻撃的な存在がそこにあった。
下手をすると韓鋤十拳よりも危険なものだった。

グレンカは俺との再会を喜びながら、セリアを殺そうとしていた。
俺が止めに入ると霞のように消えていった。

セリアに事情の説明を求めると不思議そうな顔をするので
一切の記憶を失っていることを説明すると
辛そうな、そして悲しそうな顔で俺を見つめてきた。

彼女達との間にとても重要なことがあったことはわかっている。
だからこそ知らなければならないのだとセリアには伝えた。

彼女とは明日、過去のことから現在の問題までを
ゆっくりと話すこととなった。

俺とセリアとグレンカの三人の関係に何があったのだろうか。
まだ何かが欠けている気がするが
きっと明日にはわかることなので今日考えるのはここまでにする。

これから途中で放り出していた帳簿のチェックをしなければならないからだ。


カテゴリ: [来訪] - &trackback- 2013年04月17日 01:30:54

#blognavi

更新履歴

取得中です。