|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2006年02月02日/部隊再編成


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
今日は比較的無事な天と水のグループのみ出撃。
地のメンバーをサポートとして派遣したことで、被害を最小限に抑えたらしい。
結さんと叢雲さんの作戦がうまくいっている。

その間に被害が大きい風の軍団を解体して各グループの補充に回された。
ウチには真夏ちゃん、刹那ちゃんと3人の男子が配属された。
金髪ショートカットの明るい佐藤壮太君、
センター分けで少し神経質そうな鈴木正一君、
長髪でちょっとぽーっとしている王崎礼羽君だ。
部屋はたくさんあるので好きなところを使ってもらうことにした。
ウチは女所帯なので三人ともかなり緊張していたようだ。
あと、刹那ちゃんが紫音の部屋を占領して真夏ちゃんともめていた。
結局紫音の部屋は刹那ちゃんが使うことになった。
おとなしそうに見えてかなり強引な子だ。

夜に統括所に来客があった。
なんと消えてしまった地球から次元を超えてきたという。
次元超越者、自分は邪神だと名乗っていた。

向こうは時が止まった灰色の世界になっているらしい。
ほぼ完全に終わっている、と言っていた。
アンゼロット様が力の全てを使ってなんとかその状態を作り出した。
その代償としてアンゼロット様は世界に同化してしまった、
高位の守護者との契約違反の罪で。
復活の条件は、世界が再び動き出すこと。つまり私たちとゲンさん次第だ。
そんな中、終わりの影響に抗っている者たちを集め、この人はこちらに来た。
この人が払った代償は、次元跳躍を行う力の喪失と、
自身が世界結界に護られた存在から外されること。
彼は、世界が元に戻れば、エミュレイターとして狩られる運命になるのだ。

そんな彼を含め、この世界に戦いに来てくれたメンバーは六人。
「裏切りの邪神ロキ」次元超越者、鳴海流馬さん。
「終末の娘」波間静音さん。
「背徳の戦乙女」ノルン=ブリュンヒルデさん。
「自由なる翼」天津昴さん。
「裁定の剣」天津正義さん。
「護法の竜」唐須律華さん。
名字でわかるように、昴さんと正義さんは天津さんの関係者らしい。
協議の結果、昴さんと正義さんの二人は天のグループに、
あとの四人は火のグループとして新たに参戦することになった。
動けそうな人はもっといたらしいが、冥界に察知されないように
動いた為、これだけが精一杯だったと流馬さんは言っていた。

流馬さんが連れてきてくれたのは、六人の仲間じゃない。
世界を救う大きな希望だと、結さんはみんなを鼓舞していた。

私は、流馬さんが世界に許されることを願う。


カテゴリ: [終末] - &trackback- 2006年02月02日 01:50:42

#blognavi

更新履歴

取得中です。