|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2006年08月30日/待ち人帰る

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
昼過ぎにかけて夕立。

留守だった天津家の正義さんと自由さんが深宮に戻ってきた。
またあの人たちの力を借りることになるとは。
そして思えば、ずいぶんと重いものをあの人たちは背負ってるんだろう。

私たちが世界を渡って、得た情報と結論。
その大きな鍵に、あの人たちの力を借りることにしたのだから。
おそらくアンゼロット様でさえ、この件に関しては協力をお願いすることはできない。

結局、自由さんは正義さんに一任して、正義さんは返事を保留した。


深宮を離れた頃、私たちは3人だった。
示し合わせたわけでもなかったのに、本土に向かう船のなかで一緒になった。

元々は一人で探すはずだったのに、刹那ちゃんはともかく、琴ちゃんは放っておくわけにはいかなかった。
深宮での生活でイノセントの生活には慣れてきてはいたけど、それでも時々奇異な行動を取ることが
まだあったから。何より深宮の結界の外では、事情を知らないウィザードとトラブルを起こしかねない。

刹那ちゃんは・・・まぁ、ああいう子だから。
それにあの頃、刹那ちゃんは随分と焦っていた。

今度の紫音の不在が、あの子をまた運命の鎖に捉えさせてしまったのかもしれない。
あの子はまだ、運命は紫音だけが変えられると信じてるのだろう。

でもたった1週間で世界を渡る方法を見つけ出せたのはあの子のおかげ。
おかげで随分といろいろなところを駆け抜けた気もするけど。

この第八世界を回るうち、仲間が増えたのはもう少し後になってからだったろうか。

続きは今度。


カテゴリ: [追記] - &trackback- 2006年08月30日 22:00:45

#blognavi

更新履歴

取得中です。