|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2007年03月02日/第3世界の神姫、閉ざされた第1世界

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
紫音はエル=ネイシアで超女王アンゼロットという存在について調べていた。
その遺産、月の鎧を巡る戦いに巻き込まれ、一人の神姫を助けたという。

闇風姫に連なる神姫で、名前は聖嵐姫さん。
結局、月の鎧はこの世界から失われていたのだけれど
ここでも紫音はいろいろな戦いを経て多くの人を助けていた。

あと、聖嵐姫さんは紫音に告白したらしい。
返事はもらえなかったそうだ。
何も言わず、ただ微笑んだ後、
太陽神殿の奥、禁断の扉の向こうに消えていったという。
追いかけたけれど自分は通れなかったと言っていた。
ルセリアと連絡がとれたので自分はそちらに合流するつもり、と彼女は言った。

その扉は第一次ラース=フェリア侵攻の際に使用され、
二度と使われないよう、徹底的に破壊されたものだった。
確かに、そのゲートは使用できそうになかったけれど
紫音は何らかの方法でそこから世界を渡ったのだろう。

紫音が第2世界を訪れたという話はない。
それは以前にルセリアも言っていた。

そして第1世界。紫音が変わってしまった事件のあった運命の場所。
運命という言葉は刹那ちゃんにとって重いかもしれないけれど、
そうとしかいいようのないことの起こった場所。
でも、第1世界に入る手段は見つけることができなかった。


カテゴリ: [追記] - &trackback- 2007年03月02日 01:27:17

#blognavi

更新履歴

取得中です。