|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2005年07月31日/凍る世界

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
以前流れ着いた漂流物から魔物が発生した。
この世界の律とは全く違う法則で動く化け物で
存在するだけで周りを凍らせる力の持ち主だった。
自ら「楽園を侵す絶望のフェンリル」と名乗る魔狼。
侵魔という枷を持たない混沌、あるいは奈落と呼ばれるもの
有史以来数える程しか報告例のない災厄に遭遇するとは
俺は本当に運がいいらしい。隊員はみんな二日酔いだというハンデもあった

死にかけた

いや、ここが深宮でなければたぶん死んでいた
そして偶然博士が滞在していなければ、やはり死んでいただろう

俺は今日、初めて自分で異界の奇跡を使用した、気がする。

今日は本当に疲れた。しばらくは平和でいて欲しいものだ。


カテゴリ: [事件] - &trackback- 2005年07月31日 02:01:46

#blognavi

更新履歴

取得中です。