|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2005年08月10日/投げナイフの持ち主


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
また昨日と同じ違和感を感じながら歩いていると
昨日と同じナイフがまた飛んできた。
今日は特に用事もないので追う。
気配を頼りに近づいていくといつの間にか中州近くまで来ていた。

俺は、追っているつもりで、誘われていたようだ。

事務所に戻ってみると、見覚えのある和服の女性が座っていた。
緋狩師匠だった。来るなら一報くれればよかったのに。
その後、いろいろなことを話した。昔のことも、最近のことも。
師匠は黙って全てを聞いた後、一言だけつぶやいた。
「泣き言は終わりか?未熟者」と。

俺はまだ未熟者でいいみたいだ。
それは、まだ強くなれる証だからだ。

2時間程剣をあわせた。充実した時間だった。
しかし、師匠はどのくらい深宮に滞在するのだろうか。

カテゴリ: [来訪] - &trackback- 2005年08月10日 02:07:00

#blognavi

更新履歴

取得中です。