|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2010年10月16日/異常な情報網

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
昨日の件について少し情報を得ようとすると異常なほど集まってきた。
絶滅社、世界魔術協会、ロンギヌスに顔が利くためウィザード側の話は楽に集められる自信があったが、
三木が魔王を通じて裏界の情報を、ノルンが家の力でイノセントの企業情報を得てくれたので
大量の情報が俺のところに届くことになった。
しかも護が企業同士の繋がりや見えない裏の部分を的確に指摘するので
隠れていた闇の情報までかなり正確に知ることができた。
護曰くデイトレードで短期間に儲けようとするならこの程度の目鼻は利かせないと駄目らしい。

気になる関係団体は親会社がマフィアと関係しているXENON=CRAVEと
取引先の一つが秘密裏に死の商人やってるエストライネッドくらいだ。
まあ怪しいと言えば魔術協会に所縁のあるウィザード組織ゴルデナーアプフェルが
源流にある会社アプフェルツヴェイグ社が譲渡先の一つにあることだが、
魔術協会に届けも出ていたらしいしゴルデナーアプフェルは正義を全うしようとする
健全な組織として古くから信頼されている。
人造人間や強化人間の分野は門外漢だたのでそこを研究しようとしているのかもしれないが、
世界に滅びを撒き散らすような行動は決してとらない組織だと世界魔術協会が認めている以上、
これ以上踏み入る必要もないだろう。
兄もわかっていて譲渡したようだしな。

XENON=CRAVEとエストライネッドについては引き続き動向を見ないといけないかもしれない。


カテゴリ: [普通] - &trackback- 2010年10月16日 00:36:10

#blognavi

更新履歴

取得中です。