|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2011年03月28日/存在を奪う空間

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
ヴァルガーだ。
先日、ダンジョンの中で掘り進んでいた一団の残骸を発見した。
比較的浅い部分から始まったプラーナ(であっているだろうか、生命力や存在力のようなもの)を
失わせる効果がしばらく前の階層から急激に強くなったため、ついに朽ちたのだろうと紫音は分析していた。
戻り次第日誌に記録するよう指示されたためこうして筆をとっている。
終着が近いのかと思ったがどうやら何かが自動で掘り進んでいるようだ。
迷宮と呼べないような単調な道が続くようになったため、
今拡張を続けている存在の知性はあまり発達していないように思える。
出てくる敵が恐ろしく強く、前述の空間効果もあって侵攻速度は遅いままだが
道に迷って力を浪費することはあまりなくなったようだ。


カテゴリ: [探索] - &trackback- 2011年03月28日 22:11:32

#blognavi

更新履歴

取得中です。