|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

業務日誌/2011年07月14日/様々な喜び

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
オオトリ製菓の試験に落ちた。
面接は問題なく進み、先方の社長さんとも話は弾んだのだが
料理の腕を見る実技試験で躓いた。
理由は、俺の満足が料理の完成ではなく社長さんの反応によるものだったことだ。
食品製造業は顧客の満足度を食した時の反応で知る機会が少ない。
手紙での反応もないではないがそれよりも小売業者の反応で知ることのほうが圧倒的に多い。
だから俺のように相手の反応に喜びを感じるタイプよりも完成に充足を感じるタイプのほうが
向いている、ということらしい。
自分もそうだったように傭兵稼業で稼いだ金で十分店を持つことはできるだろうから
飲食店の経営を考えてみても良いのでは、というアドバイスをくれたので
大学から学生食堂経営の誘いがあることを明かし、もし実現するなら仕入れを
お願いできないか、と返した。

社長さんは前向きに考えておくよ、と答えてくれた。

仕事に対して自分が喜びを感じる瞬間か。任務をこなしている時もあまり考えたことはなかったな。
結果は残念なものだったが今日はとても有意義な時間を過ごせた。
考える機会をくれたオオトリ製菓には本当に感謝している。


カテゴリ: [普通] - &trackback- 2011年07月14日 00:27:40

#blognavi

更新履歴

取得中です。