※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作者について

なかのともひこ(本名不明)

 コミックス巻末掲載の作者紹介

昭和29年10月30日、群馬県生まれ。
昭和60年「テレフォンマン」で
第10回藤子不二雄賞受賞。
代表作「爆風パンチ浜田くん」
※管理人注:1巻から最終巻の3巻まで、内容に変更無し。
・その他補足・
 作者名義などに変更はないが、コミックスの2巻からコピーライト表記に「LAD(ロッテアド)」が追加される。
 ※表紙イラストには、1巻からLADの表記はあった。
  以下、コミックス巻末でのコピーライト表記の推移
 1巻:(C)なかのともひこ 1988
 2巻:(C)なかのともひこ 1988
     (C)LAD
  3巻:(C)なかのともひこ 1988
     (C)LAD


 熱血!!コロコロ伝説Vol.6 Vol.06-07シークレットファイル『少年ビックリマン』コーナー掲載の作者コメント
 この本を手にしている君。君の手からこの本を離してはいけない。勇気を出してレジへ行こう。
 笑いと感動の世界が君を待ってるぜ。さぁ前進だ! ビックリマンクラブは君達の味方だ。(てんコミ1巻より)

※管理人注:「てんコミ」とは、てんとう虫コミックスの略称と思われる。

  ↑上記はてんとう虫コミックス「少年ビックリマンクラブ」1巻に実際に掲載されていた作者コメントとは異なる。
 ※コミックスの作者コメント掲載は1巻のみ。表紙裏に、「作者のことば」として、写真付きで作者コメントを掲載

以下が実際のてんとう虫コミックス1巻に掲載されていた作者コメント

 ウピヨピヨのオピヨピヨ~。少年ビックリマンクラブ
の単行本だに~。
 この本を手にしているきみ。きみの手からこの本をは
してはいけない。わあーっ本棚にもどすなあ! さあ、
勇気をだして、レジへいこうじゃないか、フフフ。笑い
と感動の世界がきみをまってるぜ。わあっ、ひき返すん
じゃない! うしろにウンコがあるぞ! さあ前進だ!
少年ビックリマンクラブは、きみたちの味方だ。