※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メインキャラクター

ビックリマンクラブ(天聖小学校)

マン太[まんた]
 本編主人公。ビックリマンクラブのリーダー。
 天聖小学校5年生。
 スーパーゼウスのアイテム大聖棒に似たアイテムを持つ。
 額にスーパーゼウスと同じく星形の痣のようなものがあるが、生まれつきのものなのか後でつけたのはか不明。
 特定の特技やスキルはないが、キラキラシールや大聖棒などのアイテムを駆使して仲間のピンチを救ったりする。
 デザインモチーフはスーパーゼウスと思われるが、それほど特異な服装ではない。
 鼻部分に×印のキズ、石野君あらし(『ゲームセンターあらし』の主人公)を彷彿させる出っ歯にハネ毛など、風貌は昔の漫画の小学生そのもの。
 「SBC(少年ビックリマンクラブの略称?)」のロゴ入りTシャツと短パンが通常のコスチューム。 (冬季は同ロゴ入りの長袖シャツにパンツの模様)

具留目[ぐるめ]
 ビックリマンクラブのメンバー。
 天聖小学校5年生。
 チョコの匂いと味で、シールのサーチができる(チョコの匂いと味から同梱されているシールがわかる)という特技を持つ。
 いわゆるデブキャラ。シャーマンカーンのような帽子とオーバーオール姿。
 デザインモチーフはシャーマンカーンと思われるが、帽子以外に共通点はない。

若井[わかい]
 ビックリマンクラブのメンバー。
 天聖小学校4年生。
 シールを手裏剣のように投げる特技を持つ。
 いわゆるハカセ君キャラ。めがねにさらさらヘア&格子柄のシャツとパンツ姿。
 デザインモチーフは特にないと思われるが、名前の由来は恐らく若神子からきているものと思われる。

七助[ななすけ]
 ビックリマンクラブのメンバー。
 天聖小学校 年生。
 シールを手裏剣のように投げる特技を持つ。
 いわゆるハカセ君キャラ。キャップにTシャツとパンツ姿。キャップにはヘッドロココのヘッドパーツ(要調査)に類似した飾りがついている。
 デザインモチーフと名前の由来はお守りの七助からきているものと思われる。

吉岡先生[よしおかせんせい]
 吉岡平助。ビックリマンクラブの自称部長(顧問?)。
 天聖小学校教諭。マン太のクラス担任でもある。
 40歳独身とか、食費を削ってビックリマンのアニメ鑑賞のために大型テレビを購入したり、ビックリマンチョコの大人買いを試みたり(当時は購入個数に制限があった)、職員会議で女の子キャラのシールに入れこんで同僚をどん引きさせたりと、間違った方向に時代を先取りしていた。
 ※要再構成・きれいにまとめる※
 風貌はむさ苦しい年配の独身教師風。

美少女クラブ(天聖小学校)

 

天子[てんこ]
 美少女クラブのリーダー。
 天聖小学校 年生。
 十字架天使っぽいけど頭飾りとアイテムはアローエンジェル。
 自分で美少女名乗るのはちょっとイタイ。

お守りみたいな子[]
 あとで書く。シェーシェー言ってる子。
 モチーフの名前そらで出てこないけど昇格後なのかわからない。

キム子[きむこ]
 つっこみどころ満載な女の子。
 たぶんお笑い要員。
 能力が具留目とかぶる。容姿もかぶる。鍋はさすがにかぶってない。
 兄弟と言われたら信じそうだ。