※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セクター

 セクターは、宇宙空間における場所を定義するためにつくられた区分。銀河系を銀河水平面に対して上から見て、等しく分割したもの。
 一つのセクターは上から見たときに正六角形を描く。
 中心にセクター0(ゼロ)を置き、その左下から時計回りに6、さらにその外周に12、渦巻きの外側の最外部に6、合計25に分割される。
 中心のセクター0とその周りの6つのセクターは、銀河系を横からみたときに厚みがあるため、さらに上下にもセクターが分かれている。中央のセクターと区分するため、上部のセクターには+、下部のセクターには-をつけることにより、これを区分している。例えばセクターαであれば、上から順番にセクターα+、セクターα、セクターα-、となる。これらの区分まで含めた場合、銀河系は全部で39のセクターに分かれることとなる。

1.大きさ


2.セクター一覧
  • セクター0(ゼロ)
  • セクターα(アルファ)
  • セクターβ(ベータ)
  • セクターγ(ガンマ)
  • セクターδ(デルタ)
  • セクターε(イプシロン)
  • セクターζ(ゼータ)
  • セクターη(イータ)
  • セクターθ(シータ)
  • セクターι(イオタ)
  • セクターκ(カッパ)
  • セクターΛ(ラムダ)
  • セクターμ(ミュー)
  • セクターν(ニュー)
  • セクターξ(クシー)
  • セクターο(オミクロン)
  • セクターπ(パイ)
  • セクターρ(ロー)
  • セクターσ(シグマ)
  • セクターτ(タウ)
  • セクターυ(ウプシロン)
  • セクターφ(ファイ)
  • セクターχ(カイ)
  • セクターψ(プシー)
  • セクターω(オメガ)