※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

病床にて

 くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる
   明治三十三年五月
 病状が最も悪化した皐月に詠んだ歌。


 杉垣をめくらす庭の狭けれと春も花咲く秋も花咲く
   明治三十二年 垣 竹の里歌

 亡き母の西にいますと聞きしより夕つつこひし我も行くべく
   明治三十一年 

 垣の外に猫の妻を呼ぶ夜は更けて上野の森に月朧なり
   明治三十一年

 夕立のはるる跡より月もりて又色かふる紫陽花の花
   明治二十六年 

 海原は見渡す限り山もなしいづこをさして白帆ゆくらん
   明治二十五年 大磯