NPCキャラメイク


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Creation Kit(CK)を使ったNPCのキャラメイク方法です。

基礎知識

.esmファイル(マスターファイル)→親ファイルです。Skyrim.esmはスカイリムのデータの大半が収まってます。
.espファイル         →子ファイルです。親ファイルの差分として適用されます。

CKは構造上、.esmを元に読み込んでその変更部分のみをespとして出力し適用させます(=差分)。



顔のみの変更の場合

例としてジョディスさんを変更したいと思います。
(テクスチャによってすでにかなり変わってるのは置いといて)
BEFORE

  • 顔MOD導入をしている場合、テクスチャのcharacter assets>tintmasks下のファイルすべてを予めどこかに退避させておきます。
    化粧が適用されずにラインが入ったりバグが発生するためです。

    (tintmasks下をすべてRGB8.8.8 256x256 ミップマップなしで出力されたもののみCKでバグ無しで開けます。現在Pretty Faceのみ対応)
  • CKを開きます。
  • File→Data→Skyrim.esmをダブルクリックでチェックを入れます。OK押して読み込みます。
  • 読み込みがはじまりエラーが出ますが、すべてキャンセル(=Yes to All)を選択します。
  • Object WindowからActors→Actorを選んで変更したいNPCの項目をダブルクリック。
    ジョディスはEditor IDがHousecarlSolitudeなので、FilterにHouseと打てばすぐ出ます。ちなみにリディアはHousecarlWhiterun。
  • PreviewのHeadにチェックを入れ、タブを右に行って、Character Gen Partsで化粧や顔色髪型や眉毛などの設定を行います。


  • SkinTone.ddsを選択して、Presetを選び直します。ジョディスさんの場合はHumanFemaleSkinWhite01がデフォルトです。
    これを行わないとデフォルトより顔色が暗くなったりします。
  • 次にCharacter Gen Morphで顔の調整をします。プレビューはひどく魚眼レンズ風のパースなのでズームアウトして編集しましょう。
  • プレビューだけでは信じがたいので実際に置いた雰囲気をRenderWindowで確認します。
  • Cell ViewウィンドウのWorldSpaceをInteriorsにして、NPCのデフォルト配置場所、ジョディスの場合はSolitudeProudspireManorです。これをダブルクリック。
  • 多分エラーが出るので、構わずキャンセル。RenderWindowに家の中が表示されます。
カメラ操作
ズーム:ホイールスクロール
縦横移動:中クリックでドラッグまたはスペース押しながらマウス移動
回転:Shift押しながらマウス移動
オブジェクト操作
自由移動:マウス右ボタンでドラッグ。
水平回転:マウス右ボタンでドラッグ。

  • 編集が終わったら、NPCのウィンドウをOKして閉じます。
  • Object Window上の変更したNPC(HousecarlSolitude)を選択して、 Ctrl+F4 を押します。確認するウィンドウが出ますのではいを押します。
  • Data\textures\actors\Character\FaceGenData\FaceTint\Skyrim.esmに化粧などのデータ、
    Data\meshes\actors\character\FaceGenData\FaceGeom\Skyrim.esmにメッシュが出力されます。
  • 今回の例のように、造形と化粧だけの修正の場合はCKを保存せずに終了で構いません。
    新しくNPCを追加したり、髪や眉などの変更がある場合は.espファイルを保存する必要があります。


AFTER

髪と追加種族をNPCに適用させる

手順としては上記だいたい同じですが、マスターの指定とespの保存があります。
違うところは赤色になってます。
Apachii SkyHairとEnhanced Character Editの追加種族YgNordを例に解説します。(要Wrye Bash)

  • 顔MOD導入をしている場合、テクスチャのcharacter assets>tintmasks下のファイルすべてを予めどこかに退避させておきます。
    化粧が適応されずにラインが入ったりバグが発生するためです。

    (対処法はtintmasks下をすべてRGB8.8.8 256x256 ミップマップなしで出力されたもののみCKでバグ無しで開けます。現在Pretty Face Packのみ対応)
  • CKを開きます。
  • File→Data→Skyrim.esmとApachiiHair.esmを2つともダブルクリックでチェックを入れます。そのままOK押して読み込みます。
  • 読み込みがはじまりエラーが出ますが、すべてキャンセル(=Yes to All)を選択します。
  • Data→Saveで適当な名前つけて-.espを保存します。
  • Enhanced Character Editのようにespファイルや複数にまたがってesmを指定してるものはCKではマスターファイルとして読み込めません。
    そこでWrye Bashで無理やり指定します。
  • Wyre Bashを起動。Modsタブを開いてさきほど保存したespファイルを右クリック→Add Master...。
  • 警告が出ますがOK。Enhanced Character Editを選んでOK。
  • CKを開いてFile→Data、さきほど保存したespファイルをチェックしてSets as Active File ボタンを押して開く。}
  • Object WindowからActors→Actorを選んで変更したいNPCの項目をダブルクリック。
  • TraitsタブでRaceをYgNordを選びます。}
  • PreviewのHeadにチェックを入れ、タブを右に行って、Character Gen Partsで化粧や顔色髪型や眉毛などの設定を行います。
  • SkinTone.ddsを選択して、顔色を選び直します。顔色が暗くなるのを防ぎます。
  • Apachii SkyHairなどtriファイルがない場合はエラーが出ますが無視して結構です。
    プレビューウィンドウで遙か頭上に髪の毛がありますがゲームではちゃんと表示されます。}
  • 次にCharacter Gen Morphで顔の調整をします。終わったらOKを押します。
  • Object Window上の変更したNPCを選択して、 Ctrl+F4 を押します。確認するウィンドウが出ますので"はい"を押します。
  • Data→Saveで-.espを保存します。
  • 一回編集するとまたマスターの指定が外れるので、Wyre Bashでまたマスターの指定してください。

別の手段
  • 複数のマスターファイルを指定するにはSkyrimEditor.iniの[General]にbAllowMultipleMasterLoads=1を追記することで可能になる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。