STM企画書


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

STM企画書(仮)です。
ホントに概要だけなので追加など推奨です。
※印は疑問点です。(さのや)

趣旨

記憶を失った少女と記憶を観ることのできる少年が、
仲間と共に旅を続けていくうちに、世界を救う為に戦うことになる。

舞台

精霊や妖精のいるファンタジー世界

物語の概要

記憶を失った少女・ガーベラを拾ったタイムは、
死神のプロテアによる世界の命運を左右する事件に巻き込まれることになる。
その事件にはガーベラの過去であるジュリアと、世界を滅ぼせる力を持つ
彼女を守ろうとしていたゼノという男が関わっている。
タイムとガーベラは仲間の力を借り、プロテアやゼノの企みを止めようと戦う。

主要人物

キャラ一覧などを参照。

世界設定など

世界観
剣と魔法のファンタジー
文明
中世ヨーロッパのイメージ。
場所にもよりますが、機械や拳銃などは存在。
現在よりも発達しているところもある。
国・国際情勢
国は国一覧を参照。
現在は大きな戦争は行われていない。
種族
人間、精霊、妖精、魔族、死神、神?
※種族間の対立は??
魔法
存在する。魔石を使った魔術、妖精を操る妖精術など。
宗教
一神教のミセル教、新興宗教のラルセムス教など。
ラムセルス教、マムカヌート教などは
少数が信仰するごく小さな宗教に過ぎない。
やはり世界で最も信仰されているのは
ミセル教のようだ。
しかし、ミセル教はミーナシュタット国を操る権力を
事実上手に入れ、政治にまで手を出してきた事から、
マヌカヌート教などから批判を受けつつある。
…なんてどうでしょう?もちろん変更可です。
その他
※大陸の数、世界の広さはどんな感じでしょう?