妖精の森


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


再び迷い街道 BGM・古の森
ガーベラ「う…なんだか怖い」
タイム「大丈夫だよ、えーっと、妖精の森の手前まで行けばあるはずだな…」

妖精の森の手前
狼が居る。話しかけるとイベント突入。
???「貴様等、何をしに来た?」
タイム「!!
狼が喋ったッ」
ガーベラ「わ、わたしたちは…わたしたちは薬草を取りにきたんです、狼さん」
???「薬草…リサナーレ草か…」
タイム「そうだけど、つーかお前誰?」
ガーベラ「ちょ、ちょっと、タイムさん!?」
フェンリィル「私は死神様に命じられしモノ、フェンリィル。
…だが、私はそれを望まない。しかし、運命に逆らうわけには行かない。済まないが、消えてもらう!」

『フェンリィル』との戦闘に突入。BGM・BOSS
戦闘内で会話。
ガーベラ「うわわわっどうすれば!?」
「っ…戦うしかないんじゃねえか!
なあ、ガーベラ!魔術がどうとか言ってただろ、何かできそうか!?」
「え、私!?わ、わからないけど…」
「魔術は想像力だ、って聞いたことがある!イメージだけでどうにかなるかもしんねえ!
狼は火に弱い、もしできそうなら…頼む!」

ガーベラはこの次点で火・水系の低級魔術が使えます。

倒した後
フェンリィル「…やはり、望まぬとも運命か」
タイム「ちょっとまてよ、なあ、何だ、望むとか運命とか、あと死神様って誰だ!」
フェンリィル「消えてはいけない…死神は、想いを狙っている…」
狼、点滅して消える
ガーベラ「…なんだったんでしょう?」
「…わかんねぇけど、危険かもしれない…早く戻ろう」
タイム、前に進み出て薬草(リサナーレ草)入手。
ちなみにどうでもいいですが、『リサナーレ』はイタリア語で『治癒させる』等の意味。

そしてサンドレインへ・・・