サンドレイン2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リトの家

リト  「おかえり!
     あら、その人は?」
タイム 「ただいま。
     この人には、魔物退治を手伝ってもらったんだ。そのまま一緒に来た」
バショウ「わたしはバショウ・ササザキ。
     貴女は、タイムの…姉弟か?」
リト  「まぁ、そういうことにしておきましょう」
タイム 「違うよ!リトさんは俺の保護者…うん、俺のこと育ててくれた人なんだ」
    「さすがに姉さんは無理があるよ!」
リト  「ちょっとタイム?それは、私がオバサンって意味かしら!」
タイム 「うわっ!2人は先に上に行ってて!」

ガーベラとバショウ二階へ。

リト  「さて」
タイム 「いや、あの、悪気があったわけじゃ・・・」
リト  「ちゃんと説明してもらおうかしら」
タイム 「う、え?」
リト  「ガーベラちゃんのことよ」
タイム 「え、ああ、…なんていうか…どこから話せばいいのかな…」

画面のフェードアウト。ガーベラの説明。
ただしプロテアのことは話していない。

リト  「ふーん、そういうこと。よくやるわ、全く」
    「あんたもやっぱあいつの息子ね」
タイム 「え?」
リト  「あんたの母さんさ。
     よくトラブルに巻き込まれては、そのトラブルを更に大きくして帰ってきてた・・・
     ほんとに手のかかる奴だったよ」
タイム 「い、いやいや、俺はちゃんと解決してきてるから、
     っていうか俺の母さんってそんな人だったの!?」
リト  「ああ、あんたに似てたよ。
     …血は争えないって、こういうことなのかね」
タイム 「リトさん?」
リト  「…そうだね、ここからは真面目な話だ。いい機会だからね」
タイム 「え、な、何?」
リト  「タイム。あんたは、これからどうするつもりなんだい?」
タイム 「へ?」
リト  「あんたは、とんでもないものを拾ってきてしまったかもしれないんだよ。
     あの子、ガーベラちゃん…記憶喪失だって言ったね。
     背負いきれるのかい?」
タイム 「…どういう意味だよ?」
リト  「何があっても最後まで見捨てないでいられるのか、ってことさ。
     あんたには、あんたの旅の目的がある。他人の目的と天秤にかけたとき、重いのはどっちだい?
     中途半端に他人に関わっちゃいけないよ。旅人ってのはそういうモンさ。
     ガーベラちゃんだけじゃない、あのバショウとかいう男も…本当に信用できるのかい?
     『旅の仲間』、言うのは軽いけど、あんたには重すぎやしないかい?」
タイム 「…………
     …リトさん。
     何言いたいかってのは…わかるけれど…」
リト  「…ただのエゴかもしれないけれどね、あんたが心配なんだよ、私は。
     あんたが、あいつみたいに突然姿を消してしまったらと思うと…
     上手く表せないほど、辛い気持ちになるんだよっ…!」
タイム 「…リトさん!
     俺は、俺の旅の目的を忘れたわけじゃないよ。リトさんの気持ちも、なんとなく想像つく。
     でも俺は、俺の選ぶ道を一番信じてるんだ。
     難しいけど…
     なんていうか、運命とかそういうものが、あるかもしれないって、ちょっと思ったんだ。
     こういうの、格好悪いけどさ、やっぱり…面白そうだなって」
    「俺は、旅人だから…」

リト、むしゃくしゃマーク。

リト  「はぁ…。あんたって子は…」

ちょっとウェイト。

リト  「あんたにこんなこと、聞く方が間違いだったよ。一度決めたら曲げない性格だもんね」
    「そうだねえ、グリーンスカイに行ってごらん」
タイム 「え?」
リト  「ガーベラちゃんに何かしてあげたいんでしょう?
     あそこで採れる『魔石』の力なら何とかなるかもしれない」
タイム 「ほ、本当?」
リト  「…ねえ、タイム、人のことを考えられることはとても良いことだよ。
     でも、たまには自分のことも考えてね」
    「あんたが幸せだとね、幸せになる人が居るんだよ。
     あんたが無事であることを、願う人が居るんだからね」
タイム 「…リトさん」
リト  「形はどうあれ、私はあんたの母親でありたいんだ。
     …あんたが旅の目的果たして、ホントの母さん見つけるときが来ても、ね」

タイム「…」マーク

タイム 「…グリーンスカイ…明日、早速行ってみるよ。おやすみなさい」
リト  「ん、おやすみ」

タイム、部屋を出て行く。

タイム 「リトさん…
     ごめんなさい…
     …ありがとう」





グリーンスカイへ