アリウムとの遭遇


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

町を出たところで、アリウムと遭遇!
戦うが、アリウムは途中で逃げ出してしまう。
おいかけると、街道に入るがアリウムはそのまま消えてしまう。

【街の外の道(街道?)】
【進むタイム達の前にアリウム出現】
【BGM:不穏系か緊迫系】

タイム「!? 誰だっ!」
(急に人が現れたので警戒)
バショウ「何もない所から人が……?」

アリウム「私はアリウム。お前達を待っていた」

ガーベラ「この人……前に会った人に似てる……」
(前に会った人=プロテアのこと)

タイム「プロパンガスとかいう奴の仲間かっ!!」

【BGM:止まる/or明るいものに変更】

(間)

アリウム「……」

ガーベラ「タイムさん……プロテア、です。確か」
バショウ「人の名前を間違えては失礼だぞ、タイム」(めっ、て感じで)
タイム「あれ?違ったっけ?」
ガーベラ「……かなり違います」
バショウ「それより、誰だ?そのプロテアとは」
タイム「あぁ、実は(かくかくしかじか)」

アリウム「……」
(真面目なのでノリに困惑している風)

バショウ「ふむ。そういうことがあったのか…
     ガーベラの記憶に関係するかもしれない人物ということだな」

【BGM:不穏系or緊迫系に戻る】
【アリウム、タイム達に一歩近づく】

アリウム「話は済んだか?
     お前達の……力を試させてもらう」

タイム「待て!俺たちはお前と戦う理由がない!
    ガーベラを知ってるなら、話を聞かせてくれ!」

アリウム「そんなことをしても意味はない。
     私の知っている"彼女"は、そこにいる少女とは違う」

ガーベラ「どういうこと……?」

アリウム「いずれわかること。……行くぞ!」

【戦闘へ以降:敵/アリウム】
【数ターン、もしくはある程度のダメージを与えると戦闘終了】

アリウム「見事だ。
     お前達なら、あるいは……」

【アリウム、逃走】

タイム「あ、待て!」
バショウ「追うぞ!」

【タイム達、アリウムを追って移動】
【「街道」へ続く】