※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダース・ベイダーが出現する3000年前!

 銀河共和国は何千年もの間、ジェダイの伝説的な力によって平和と繁栄を守られてきた。
数世紀前、シスの巨大帝国によって銀河は大きな危機を迎えた。多くの戦いを経てついにジェダイはシスに勝利する。
しかしジェダイはその後も常にシスの故郷、惑星Korribanを監視し続けていた。



シス帝国の攻撃は突然始まった。侵略から逃げ延びたわずかな人々が、帝国の攻撃について警告するもその効果はほとんどなかった。
惑星Korribanは戦争の初期に帝国の猛攻にさらされ、数年後に陥落した。共和国はその後も多くの壊滅的な被害を受けた。
圧倒的な力で連勝した帝国の攻撃は、ついに共和国の中心部まで迫っていた。惑星Alderaanでは共和国の艦隊はおびき出され、
帝国による奇襲上陸作戦がはじまった!


勇気あるAlderaanの人々と、銀河中から集まった共和国を守る戦士達は果敢に戦った。しかし力の均衡はもはや崩れシス帝国へと傾いていた。
驚いたことに、突然帝国の評議会より共和国に対して和平交渉の申し入れがあった。
その真意を疑いながらも、共和国はジェダイの全面的護衛を受けながらAlderaanでの和平交渉に応じることにする。
ジェダイは共和国からの依頼を守り、そのほとんどの力を護衛に費やし、首都Coruscantの聖堂にはわずかの勢力しか残さなかった・・・


ジェダイの聖堂を破壊し、共和国の防御を打倒した後、帝国はCoruscantを占領し人質とする。
和平交渉が再開されるも、もはや共和国に残された選択肢はわずかなものでしかなかった。

コルサント条約は締結された。共和国は多くの惑星を失い、帝国との新しい境界線を決めさせられた。


条約は公式的には戦争の終結をもたらすものではあったが、二勢力間に生まれた緊張が途切れることはなかった。
そして今、新たな戦争が避けられそうも無くなってきている。