※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

電業社機械製作所
本店:東京都大田区大森北一丁目5番1号

【商号履歴】
株式会社電業社機械製作所(1955年3月26日~)

【株式上場履歴】
<東証2部>1961年10月2日~

【沿革】
明治43年東京市小石川区関口水道町において水力発電用水車、一般動力用水車及び各種ポンプの製造を目的とする会社として、現在の株式会社電業社機械製作所の前身である「電業社」が水車製造部を新設し、製造を開始した。その後、大正4年に「株式会社電業社水車製造所」に改称、大正8年には「株式会社電業社水車製造所」が出資し、東京府豊多摩郡代々幡町幡ヶ谷において水力発電用水車、一般動力用水車及び各種ポンプの製造販売を目的とする「株式会社電業社原動機製造所」を設立した。
昭和30年3月 株式会社電業社原動機製造所が株式会社電業社機械製作所(資本金60百万円)を設立
昭和30年6月 株式会社電業社原動機製造所を水車部門(東京工場関係)とポンプ、送風機、ディーゼル機関等の産業機械部門(三島工場関係)とに分割し、前者を株式会社東芝が、後者の業務一切を当社が承継
昭和30年6月 株式会社電業社原動機製造所より、扶桑商工株式会社の株式を譲受
昭和36年8月 ユニオンポンプの販売を目的として、米国ユニオンポンプ社との合弁会社、日本ユニオンポンプ株式会社を設立
昭和36年10月 東京証券取引所市場第二部に上場
昭和48年11月 三島工場に大型ポンプ試験設備を増設
昭和54年7月 当社の製造する機械の据付工事施行を目的として、電業社工事株式会社(現連結子会社)を設立
昭和60年4月 当社の製造する機械の販売を目的として、既存の扶桑商工株式会社を株式会社電業社商事と改称
昭和62年4月 東京都大田区蒲田に本社を移転
平成元年8月 東京都大田区大森北に本社を移転
平成7年11月 三島事業所に新社屋(事務技術棟)を新設
平成13年6月 日本ユニオンポンプ株式会社清算結了
平成15年6月 排水、堆肥化処理装置、しゅんせつ工事に関する装置など環境関連機器の製造及び販売を目的として、株式会社エコアドバンス(現連結子会社)を設立。小型ポンプの製造、販売を目的として、株式会社電業社オリディア設立
平成17年9月 株式会社電業社商事の清算結了
平成18年3月 株式会社電業社オリディアの清算結了