※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新興プランテック
本店:横浜市磯子区新磯子町27番地5

【商号履歴】
新興プランテック株式会社(2000年10月~)
株式会社三興製作所(1945年11月~2000年10月)
株式会社法専鉄工所(1941年3月~1945年11月)
株式会社法専組鉄工所(1938年7月20日~1941年3月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2007年3月1日~
<東証2部>1961年10月2日~2007年2月28日(1部に指定替え)

【合併履歴】
2006年9月 日 新興テック株式会社
2006年5月 日 三洋コンストラクション株式会社
2000年10月 日 新潟工事株式会社

【沿革】
昭和13年7月 資本金48万円をもって「株式会社法専組鉄工所」を創立
昭和16年3月 商号を「株式会社法専鉄工所」に変更
昭和20年11月 商号を「株式会社三興製作所」に変更
昭和24年1月 本店を横浜市鶴見区生麦町813番地に移転
昭和25年1月 本店を横浜市鶴見区鶴見町1195番地に移転
昭和31年1月 和歌山出張所、清水出張所開設(現・和歌山事業所、東海事業所)
昭和36年10月 東京証券取引所市場第二部に株式上場
昭和41年2月 大阪事業所開設
昭和41年3月 千葉事業所開設
昭和42年2月 子会社 三興配管株式会社(現・三洋コンストラクション株式会社)を設立(現・連結子会社)
昭和43年7月 本店を横浜市鶴見区生麦四丁目6番29号に移転
平成8年9月 インドネシア ジャカルタに子会社P.T.SANKO ENGINEERING INDONESIAを設立(現・連結子会社)
平成12年3月 エヌ・エス・エンジニアリング株式会社の株式(所有割合80%)取得(現・連結子会社)
平成12年10月 新潟工事株式会社と合併し、商号を「新興プランテック株式会社」(英文名 Shinko Plantech Co.,Ltd.)に変更。合併により、事業所等が増加し、本社の他、磯子事務所、17事業所(室蘭、新潟、横浜、根岸、富山、鹿島、千葉、川崎第1、川崎第2、東海、四日市、大阪、和歌山、兵庫、水島、岩国、徳山)の新体制となる。また、桑甚工業株式会社(現・新興動機械サービス株式会社連結子会社)、新潟総合サービス株式会社(現・新興総合サービス株式会社 連結子会社)が子会社となる。
平成14年3月 子会社 新興テック株式会社(現・連結子会社)を設立
平成14年4月 本店を横浜市鶴見区生麦四丁目5番11号に移転
平成14年10月 執行役員制度を導入。兵庫事業所を水島事業所へ、岩国事業所を徳山事業所へそれぞれ統合
平成15年11月 中華人民共和国江蘇省無錫市に子会社 無錫興高工程技術有限公司(現・連結子会社)を設立
平成16年4月 仙台事業所を新設し、四日市事業所を名古屋営業所に変更
平成18年5月 子会社 三洋コンストラクション株式会社を吸収合併
平成18年7月 本店を横浜市磯子区新磯子町27番地5に移転
平成18年9月 子会社 新興テック株式会社を吸収合併
平成19年3月 東京証券取引所市場第一部に株式上場