※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

扶桑レクセル
本店:東京都新宿区西新宿一丁目23番7号

【商号履歴】
扶桑レクセル株式会社(1991年4月1日~2009年3月1日株式会社大京に合併)
扶桑興業株式会社(1947年3月27日~1991年4月1日)

【株式上場履歴】
<東証2部>1961年10月2日~2007年7月26日(株式会社大京と株式交換)

【沿革】
昭和22年3月 外地鉄道(南満州鉄道、華北交通、華中鉄道)従事員引揚者の更生援護の使命を帯び、運輸省(現国土交通省)、国鉄(現JR)、大陸鉄道従事員援護会等の支援のもとに、資本金50万円で扶桑興業株式会社を設立し、本社を丸ビル596号室に置いた。当初は戦災を被った鉄道車両の修復および解体を手掛けると共に廃兵器の解体搬送を行った。
昭和26年11月 川崎事業所開設、石油各社の大型貯油槽の現場据付工事に進出
昭和27年2月 千葉事業所開設、製鉄所構内保全作業に進出
昭和32年3月 東京都江戸川区に船堀工場を建設
昭和34年4月 大阪事業所開設
昭和36年10月 東京証券取引所市場第二部に上場
昭和39年11月 千葉県市原市に市原工場建設
昭和41年9月 水島事業所開設
昭和42年5月 姉崎事業所開設
昭和47年9月 船堀工場を市原工場に統合、千葉工場とした。
昭和59年7月 東京支店開設、住宅事業部門新設
昭和60年12月 大島本社設置、川崎事業所および第二事業所を統合
昭和61年6月 丸の内営業所開設、住宅流通仲介事業に進出
昭和62年7月 住宅事業本部を新設し、大島本社をプラント事業本部に名称変更
昭和63年4月 横浜営業所開設
昭和63年6月 丸の内営業所を移転し、八重洲営業所に名称変更
平成元年3月 西新宿営業所開設
平成元年9月 東京支店を本店に名称変更
平成2年5月 原宿営業所開設
平成2年9月 池袋支店開設
平成2年10月 池袋営業所開設
平成2年10月 プラント事業本部をエンジニアリング事業本部に名称変更
平成3年4月 扶桑レクセル株式会社に商号変更
平成3年10月 立駐営業所開設
平成3年11月 八重洲営業所、西新宿営業所、原宿営業所を池袋営業所に統廃合し、住宅流通センターに名称変更
平成5年4月 立駐営業所をエンジニアリング事業本部に統合
平成5年4月 千葉支店および大阪支店開設
平成5年4月 池袋支店を本店に統合
平成5年10月 横浜営業所を閉鎖し、大宮営業所開設
平成6年10月 本社を東京都千代田区紀尾井町に移転
平成8年6月 千葉支店および大阪支店をエンジニアリング事業本部(現エンジニアリング部門)に統合
平成9年4月 千葉工場閉鎖
平成13年2月 住宅流通センター、大宮営業所を閉鎖し、船橋営業所開設
平成13年4月 姉崎事業所を千葉事業所に統合
平成15年8月 本社を東京都新宿区西新宿一丁目に移転
平成17年3月 千葉事業所をセンヨー物流株式会社へ、水島事業所をクラシキ物流株式会社へ営業譲渡
平成17年7月 船橋営業所閉鎖
平成17年8月 名古屋営業所開設