※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宮崎エプソン
本店:宮崎県宮崎市清武町今泉丙1860
   東京都日野市日野421―8

【商号履歴】
宮崎エプソン株式会社(2013年4月1日~)
エプソントヨコム株式会社(2005年10月1日~2013年4月1日)
東洋通信機株式会社(1952年11月~2005年10月1日)
東通電気株式会社(1949年11月15日~1952年11月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1971年8月2日~2009年5月26日(セイコーエプソン株式会社と株式交換)
<東証2部>1961年10月2日~1971年8月1日(1部指定)

【沿革】
明治24年7月 吉村商会と称し通信機器類の製造販売を開始
昭和13年11月 吉村商会からその後分離独立した明昭電機株式会社及び東洋無線電信電話株式会社の両者が合併して東洋通信機株式会社を設立
昭和24年11月 企業再建整備法に基づき、従来の東洋通信機株式会社を解散し、その現物出資による第二会社として東通電気株式会社(資本金6,000万円)を設立
昭和27年11月 東洋通信機株式会社と商号を変更
昭和35年6月 人工水晶の量産を開始
昭和46年8月 東京証券取引所市場第一部に上場
昭和48年8月 トヨコム商事株式会社を設立(現・連結子会社)
昭和55年3月 アメリカにTOYOCOM U.S.A., INC.を設立(現・連結子会社)
昭和61年8月 株式会社トヨコムシステムズを設立(現・連結子会社)
昭和63年5月 タイに合弁会社ORIENTAL ELECTRONICS DEVICE CO.,LTD.(現・EPSON TOYOCOM(THAILAND)LTD.)を設立(現・連結子会社)
平成6年4月 シンガポールにTOYOCOM ASIA PTE.LTD.を設立(現・連結子会社)
平成7年8月 香港にTOYOCOM HONG KONG LIMITEDを設立(現・連結子会社)
平成8年4月 インドネシアにPT.TOYOCOM INDONESIA(現・PT.EPSON TOYOCOM INDONESIA)を設立(現・連結子会社)
平成12年6月 アメリカにTOYOCOM DEVICES OF AMERICA,INC.(現・EPSON TOYOCOM SEATTLE,INC.)を設立(現・連結子会社)
平成13年7月 中国に東洋通信機(無錫)有限公司(現・愛普生拓伏科梦水晶元器件(無錫)有限公司)を設立(現・連結子会社)
平成14年6月 本店を神奈川県川崎市に移転
平成15年9月 中国に東洋通(上海)貿易有限公司を設立(現・連結子会社)
平成17年10月 当社を承継会社、セイコーエプソン株式会社を分割会社とする分社型吸収分割により両社の水晶事業を統合し、商号をエプソントヨコム株式会社に変更。分社型吸収分割に伴いEPSON PRECISION(MALAYSIA)SDN.BHD.(現・EPSON TOYOCOM MALAYSIA SDN.BHD.)の株式を承継(現・連結子会社)
平成18年6月 本店を東京都日野市に移転