岩崎電気
本店:東京都港区芝三丁目12番4号

【商号履歴】
岩崎電気株式会社(1945年9月~)
岩崎電波工業株式会社(1944年8月18日~1945年9月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1970年8月1日~
<大証1部>1970年8月1日~2004年11月13日(上場廃止申請)
<東証2部>1961年10月2日~1970年7月31日(1部に指定替え)
<大証2部>1961年11月10日~1970年7月31日(1部に指定替え)

【沿革】
昭和19年8月 超短波兵器部品の製造を目的とし、東京都渋谷区に資本金2百万円をもって岩崎電波工業株式会社として創立
昭和20年9月 終戦により企業を縮小し、商号を岩崎電気株式会社と改称
昭和24年1月 西荻窪工場を本社工場として再建
昭和24年3月 反射形白熱電球(リフレクターランプ)と照明器具の生産開始
昭和30年5月 高圧水銀ランプの生産開始
昭和35年6月 埼玉県行田市に埼玉製作所を建設し操業を開始
昭和36年10月 株式を東京証券取引所市場第二部に上場
昭和36年11月 株式を大阪証券取引所市場第二部に上場
昭和37年4月 本社を現在地(東京都港区)に移転
昭和45年8月 東京、大阪両証券取引所市場第一部に指定
昭和48年12月 米国GE社との合弁会社、㈱アイ・ライティング・システム(現・連結子会社)を設立
昭和49年5月 茨城県真壁郡大和村に茨城製作所を建設し操業を開始
昭和52年11月 アイグラフィックス㈱(現・連結子会社)を設立
昭和54年12月 岩崎情報機器㈱(現・連結子会社)を設立
昭和57年2月 埼玉県行田市に開発センターを新設
昭和60年3月 ㈱秩父イワサキ(現・連結子会社)、㈱関越イワサキ(現・連結子会社)を設立
昭和61年12月 タイワンイワサキデンキコフンユウゲンコンスを設立
昭和61年12月 茨城製作所内に第二工場棟を増設
昭和62年5月 米国にアイ・ライティング・コーポレーション(現・アイ・ライティング・インターナショナル・オブ・ノースアメリカ・インク 連結子会社)を設立
昭和63年8月 米国にイワサキ・エレクトリック・コーポレーション・オブ・アメリカを設立
昭和63年8月 米国のエナジー・サイエンス・インク(現・連結子会社)を買収
平成元年10月 イワサキ45周年総合展を開催
平成2年5月 東京都練馬区に研修センターを新設
平成3年5月 北海道岩崎電気㈱を設立
平成6年9月 イワサキ50周年総合展を開催
平成7年12月 中華人民共和国に大連岩崎電気有限公司(現・連結子会社)を設立
平成9年8月 伊東電機㈱(現・連結子会社)を買収
平成11年8月 タイワンイワサキデンキコフンユウゲンコンスを譲渡
平成13年7月 北海道岩崎電気㈱を解散
平成14年12月 イワサキ・エレクトリック・コーポレーション・オブ・アメリカを解散
平成16年11月 大阪証券取引所市場第一部の上場を廃止
平成19年2月 岩崎情報機器㈱が岩崎環境施設㈱を吸収合併