※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

曙ブレーキ工業
本店:東京都中央区日本橋小網町19番5号

【商号履歴】
曙ブレーキ工業株式会社(1960年~)
曙産業株式会社(1946年~1960年)
曙石綿工業株式会社(1945年~1946年)
曙兵器工業株式会社(1944年~1945年)
曙石綿工業株式会社(1936年1月25日~1944年)

【株式上場履歴】
<東証1部>1983年9月1日~
<東証2部>1961年10月2日~1983年8月31日(1部に指定替え)

【合併履歴】
2006年 月 日 曙エンジニアリング株式会社

【沿革】
昭和4年 曙石綿工業所創設、ウーブンライニング、クラッチフェーシングの製造開始
昭和11年 曙石綿工業株式会社に改組
昭和15年 羽生製造所建設、稼動開始
昭和19年 曙兵器工業株式会社に社名変更
昭和20年 曙石綿工業株式会社に社名変更
昭和21年 曙産業株式会社に社名変更
昭和26年 曙式ブレーキ・ライニング摩擦試験機完成
昭和27年 鉄道車両用耐摩レジンの生産開始
昭和29年 羽生製造所内にクラッチフェーシングの新製品の工場新設
昭和32年 板橋製造所にてブレーキシューアッセンブリー生産開始
昭和35年 曙ブレーキ工業株式会社に社名変更。米国ベンディックス社とブレーキに関する技術援助契約を締結
昭和36年 米国ベンディックス社とライニングに関する技術援助契約を締結。株式を東京証券取引所市場第2部に上場
昭和37年 岩槻製造所建設、稼動開始
昭和43年 英国オートモティブ・プロダクツ社とアンチスキッド装置に関する技術援助契約を締結
昭和44年 米国ベンディックス社とアンチスキッド装置に関する技術援助契約を締結
昭和46年 福島製造所建設、稼動開始。東京日本橋に曙本社ビル完成
昭和47年 英国オートモティブ・プロダクツ社とフルパワー及びブースターに関する技術援助契約を締結
昭和48年 山陽ハイドリック工業株式会社設立
昭和49年 株式会社日本制動安全研究所設立
昭和52年 三春製造所建設、稼動開始
昭和55年 米国現地法人アケボノアメリカインク設立(シカゴ)
昭和56年 曙エンジニアリング株式会社設立(現連結子会社)
昭和58年 株式を東京証券取引所市場第1部に指定。株式会社日本制動安全研究所を株式会社曙ブレーキ中央技術研究所と改称(現連結子会社)
昭和60年 仏国現地法人アケボノヨーロッパS.A.R.L.設立(パリ)(現連結子会社)
昭和61年 アムブレーキコーポレーション設立(米国GM合弁会社・ケンタッキー州、エリザベスタウン)(現連結子会社)
昭和62年 日本独自の技術によるアンチロックシステムが日本のカーメーカーに初採用される。西独国ボッシュ社と商業車用フルエア用アンチロックシステムに関する技術援助契約を締結
昭和63年 アムブレーキコーポレーション生産開始。テストコース完成(いわき市)
平成元年 米国現地法人アケボノブレーキシステムズエンジニアリングセンターインク設立(デトロイト)
平成4年 曙ブレーキ山形製造株式会社設立(寒河江市)(現連結子会社)
平成6年 米国現地法人エーマックブレーキコーポレーション設立(ケンタッキー州、グラスゴー)(現連結子会社)
平成7年 米国現地法人アケボノコーポレーション設立(北米における統括持株会社、シカゴ)。研究開発センターCREA建設に伴い、仏国現地法人アケボノヨーロッパS.A.R.L.移転(ゴネス)、米国現地法人エーマックブレーキコーポレーションをエーマックブレーキL.L.C.に会社形態を変更
平成8年 館林製造所建設、稼動開始。インドネシア現地法人ピーティートゥリダールマヴィセサ社へ資本参加(ジャカルタ)(現連結子会社)
平成10年 仏国現地法人アケボノアラスS.A.設立(アケボノヨーロッパS.A.の子会社、アラス)(現連結子会社)。米国現地法人アケボノコーポレーション(ノースアメリカ)設立(デトロイト、米国現地法人アケボノアメリカインク、アケボノブレーキシステムエンジニアリングセンターインク及びアケボノコーポレーションを吸収合併)(現連結子会社)
平成12年 アケボノテック株式会社設立(現連結子会社)、株式会社ネオストリート設立(現連結子会社)
平成13年 曙ブレーキ福島製造株式会社設立(現連結子会社)、曙ブレーキ三春製造株式会社設立(現連結子会社)、㈱曙マネジメントサービス株式会社設立(現連結子会社)、新社屋アケボノ クリスタル ウイング(ACW)完成(埼玉県羽生市)、米国現地法人アケボノメンバーコーポレーション(アケボノコーポレーションの子会社、ミシガン州)設立(現連結子会社)、米国現地法人アムテックブレーキL.L.C.(アケボノコーポレーションの子会社ケンタッキー州)設立(現連結子会社)、米国現地法人エーアールシーブレーキL.L.C.(アケボノコーポレーションの子会社ケンタッキー州)設立(現連結子会社)
平成14年 曙ブレーキ岩槻製造株式会社設立(現連結子会社)
平成15年 シンガポール現地法人アケボノコーポレーションアジアPTE.LTD.設立(現連結子会社)、曙ブレーキ館林製造株式会社設立(現連結子会社)、あけぼの123株式会社(現連結子会社)、米国現地法人アケボノレシーバブルズコーポレーション(アケボノコーポレーションの子会社、ミシガン州)設立(現連結子会社)、米国現地法人アムブレーキマニュファクチャリング LTD.設立(現連結子会社)、米国現地法人アムブレーキジーピー,Inc設立(現連結子会社)
平成16年 独国現地法人アケボノヨーロッパGmbh(アケボノヨーロッパS.A.S.の子会社、ヘッセン州)設立(現連結子会社)、中国現地法人広州曙光制動器有限公司設立(現連結子会社)、中国現地法人曙光制動器(蘇州)有限公司設立(現連結子会社)
平成17年 曙ブレーキ羽生製造株式会社設立(現連結子会社)、株式会社APS設立(現連結子会社)、山陽ブレーキ工業株式会社が山陽ハイドリック工業㈱を吸収合併し、曙ブレーキ山陽製造株式会社(現連結子会社)となる。
平成18年 曙エンジニアリング㈱を吸収合併、曙ブレーキ福島製造㈱が曙ブレーキ館林製造㈱を吸収合併、アケボノブレーキタイランドCO.,LTD.を設立(現連結子会社)、アケボノアドバンスドエンジニアリングLTD.を設立(現連結子会社)