※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オーバル
本店:東京都新宿区上落合三丁目10番8号

【商号履歴】
株式会社オーバル(1992年12月1日~)
オーバル機器工業株式会社(1949年5月10日~1992年12月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>2014年5月8日~
<東証2部>1961年10月2日~2014年5月7日(1部指定)

【合併履歴】
2005年4月 日 株式会社オーバルテクノ

【沿革】
昭和24年5月 オーバル機器工業株式会社を設立(東京都品川区東大崎)。
昭和26年4月 東京都新宿区上落合に本社・工場を移転。
昭和32年11月 横浜市磯子区に横浜工場新設、12月操業開始。
昭和36年7月 東京地区店頭に株式を公開、同年10月東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
昭和47年4月 山梨県韮崎市に山梨工場を建設。
昭和57年8月 横浜工場を横浜市金沢区に移転、横浜事業所として操業開始。
昭和58年5月 大韓民国に合弁会社、OVAL KOREA LIMITEDを設立(現・持分法適用関連会社)。
昭和58年8月 オーバルアシスタンス株式会社(現・連結子会社)を設立。
昭和60年7月 日本エマソン株式会社(米国EMERSON ELECTRIC CO.の子会社)に対し、5,500千株の第三者割当増資を行い、資本金22億円となる。
平成3年10月 シンガポールに合弁会社、OVAL SINGAPORE PTE.LTD.を設立、平成5年10月OVAL ASIA PACIFIC PTE.LTD.(現・連結子会社)に社名変更。
平成4年11月 東京都新宿区上落合に本社新社屋完成。
平成4年12月 社名を株式会社オーバル、英文社名をOVAL Corporationに変更。
平成5年8月 中華民国に合弁会社、YANG INSTRUTECH CO.,LTD.を設立、平成8年6月OVAL TAIWAN CO.,LTD.(現・連結子会社)に社名変更。
平成7年10月 株式会社オーバルメックを設立。
平成8年4月 中華人民共和国に合弁会社、HEFEI OVAL INSTRUMENT CO.,LTD.(現・連結子会社)を設立。
平成10年6月 中華人民共和国に合弁会社、SHANGHAI OVAL INSTRUMENT CO.,LTD.を設立。
平成11年9月 株式会社サンエス・オーバルを存続会社として、山陽オーバルメンテナンス株式会社、千葉オーバル株式会社、エヌケーオーバル株式会社、光和機器販売株式会社を合併し、株式会社オーバルテクノに社名変更。
平成14年9月 オランダにOVAL EUROPE B.V.を設立。日本エマソン株式会社との資本提携を解消するとともに、同社所有の当社の全ての株式(5,953千株)を買取。
平成15年4月 東洋精機株式会社を簡易株式交換により子会社化し、株式会社山梨オーバル(現・連結子会社)に社名変更するとともに山梨工場を閉鎖し新会社に統合する。
平成16年4月 大韓民国にOVAL GAS ENGINEERING KOREA COMPANYを設立。
平成16年5月 株式会社オーバルメックを解散。
平成16年9月 合弁会社HEFEI OVAL INSTRUMENT CO.,LTD.の中国合肥儀表総廠の持分を全て買取り100%子会社化(現・連結子会社)。
平成17年4月 株式会社オーバルテクノを吸収合併。
平成17年8月 中華人民共和国にHEFEI OVAL INSTRUMENT SALES CO.,LTD.を設立。
平成19年3月 OVAL KOREA LIMITEDを当社の影響力が相対的に低下したことから持分法適用関連会社から除外。