日本電産コパル
本店:東京都板橋区志村二丁目18番10号

【商号履歴】
日本電産コパル株式会社(1999年10月~)
株式会社コパル(1962年3月1日~1999年10月)
株式会社コパル光機製作所(1949年5月21日~1962年3月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1971年2月1日~2013年9月26日(日本電産株式会社と株式交換)
<東証2部>1961年10月2日~1971年1月31日(1部指定)

【合併履歴】
1999年7月 日 株式会社コパルハイテック
1990年8月 日 コパルエステート株式会社
1984年4月 日 コパルコーオン株式会社
1984年4月 日 コパル光機株式会社
1984年4月 日 六日町コパル株式会社
1984年4月 日 一関コパル株式会社
1984年4月 日 武蔵野コパル株式会社
1978年10月 日 コパル精密株式会社

【沿革】
昭和24年5月 東京都豊島区に資本金60万円でカメラ用シャッターの専業メーカーとして株式会社コパル光機製作所創立
昭和29年3月 本社・工場を東京都板橋区に移転
昭和33年11月 大阪営業所開設
昭和36年10月 東京証券取引所市場第二部に上場公開
昭和37年3月 社名を株式会社コパルと変更
昭和38年4月 福島県郡山市にてコパル精密株式会社(現郡山技術開発センター)操業開始
昭和42年4月 長野県塩尻市にコパル光機株式会社(現塩尻事業所)設立。コパル電子株式会社(現日本電産コパル電子株式会社)設立
昭和44年6月 新潟県南魚沼市六日町に六日町コパル株式会社(現日本電産コパル精密部品株式会社 六日町工場)設立
昭和45年1月 株式会社コパル研究所設立
昭和46年2月 東京証券取引所市場第一部に上場
昭和47年12月 岩手県一関市に一関コパル株式会社(現一関工場)設立
昭和48年2月 コパルエステート株式会社設立
昭和53年10月 コパル精密株式会社を吸収合併
昭和59年4月 生産子会社5社(コパルコーオン株式会社、コパル光機株式会社、六日町コパル株式会社、一関コパル株式会社、武蔵野コパル株式会社)を吸収合併
昭和59年5月 富士通株式会社と資本提携
昭和62年6月 コパル精密部品株式会社(現日本電産コパル精密部品株式会社)設立
昭和63年10月 コパル綜合サービス株式会社設立
平成2年8月 コパルエステート株式会社を吸収合併
平成3年1月 マレーシアにコパルプレシジョン(マレーシア)SDN.BHD.(現日本電産コパル・マレーシア株式会社)設立
平成4年1月 長野県塩尻市に株式会社コパルハイテック設立
平成9年3月 本社・工場の所在地を隣接の旧第二工場に移転
平成9年8月 フィリピンのプレシジョンエンジニアードコンポーネンツCORP.(現日本電産コパル・フィリピン株式会社)に資本参加
平成10年2月 日本電産株式会社が経営参加(富士通株式会社の保有全株式を日本電産株式会社が取得)。コパル電子株式会社(現日本電産コパル電子株式会社)の全株式を日本電産株式会社へ譲渡
平成10年9月 中国に科宝光電機器(上海)有限公司設立
平成11年1月 ベトナムに日本電産株式会社と合弁で日本電産コパル・ベトナム会社を設立
平成11年4月 コパル綜合サービス株式会社を日本電産総合サービス株式会社に合併
平成11年7月 株式会社コパルハイテックを吸収合併。六日町工場をコパル精密部品株式会社(現日本電産コパル精密部品株式会社)へ営業譲渡
平成11年8月 タイに日本電産コパル・タイランド株式会社を設立
平成11年10月 日本電産コパル株式会社へ商号変更
平成12年4月 米国日本電産コパル株式会社を設立
平成12年10月 香港に日本電産科寶(香港)有限公司を設立
平成12年10月 日本電産株式会社(現親会社)に第三者割当増資の実施
平成13年1月 ドイツに日本電産コパル・ヨーロッパ有限会社を設立
平成13年9月 中国に日本電産科宝(浙江)有限公司を設立
平成15年7月 長野県千曲市にアピックヤマダ株式会社と合弁でコパル・ヤマダ株式会社を設立
平成16年1月 日本電産株式会社に第三者割当増資の実施