※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東京産業
本店:東京都千代田区大手町二丁目2番1号新大手町ビル8階

【商号履歴】
東京産業株式会社(1947年10月20日~)
東京建材工業株式会社(1947年3月~1947年10月20日)
大和機械株式会社(1942年4月16日~1947年3月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1996年9月2日~
<東証2部>1961年10月2日~1996年9月1日(1部に指定替え)
<店頭>1959年8月 日~1961年10月1日(東証2部に上場)

【合併履歴】
1960年3月 日 日協産業株式会社

【沿革】
昭和17年4月16日、安江安吉氏が機械機具の製造販売を業とする大和機械株式会社を設立した。その後、同社は昭和22年3月、商号を東京建材工業株式会社に変更した。一方、昭和22年7月、連合軍総司令部覚書により三菱商事株式会社が解散を命ぜられ同社機械部の有志が東京建材工業株式会社の経営権を譲り受け、商号を東京産業株式会社に変更した。
昭和22年10月 三菱系各社支援の下、一般産業機械及び器具類の国内販売、輸出入を業とする機械専門商社として新発足し10月20日を創立記念日とした。
昭和23年5月 本店を東京都中央区日本橋蠣殻町に移転
昭和25年11月 名古屋出張所(現名古屋支店)開設
昭和26年3月 仙台出張所(現仙台支店)開設
昭和26年4月 大阪出張所(現大阪支店)開設
昭和26年7月 本店を東京都千代田区丸の内二丁目8番地に移転
昭和31年6月 台北出張所(現台北支店)開設
昭和32年4月 三菱重工業株式会社の発動機の代理店㈱東京メイキ商会を合併
昭和34年8月 東京証券取引所に店頭株として公開
昭和35年3月 取扱品目の多角化を図るべく船舶・舶用機械類の輸出入取扱に特色をもつ日協産業株式会社と対等合併、本店を東京都千代田区丸の内二丁目6番地に移転
昭和36年10月 東京証券取引所市場第二部に上場
昭和38年7月 本店を東京都千代田区丸の内三丁目2番地に移転
昭和46年4月 三菱重工業株式会社の農機部門再編成で農機部門を分離
昭和48年8月 鈴鹿建機㈱設立
昭和52年4月 トウキョウサンギョウシンガポール社設立
昭和56年4月 シンガポール駐在員事務所開設
昭和58年10月 三菱重工業株式会社の発動機部門再編成で発動機部門を分離
昭和59年2月 テス(ユーエスエー)コーポレイション設立
昭和62年2月 東京産業不動産㈱設立
平成6年9月 240万株公募増資
平成7年8月 投資単位を500株に変更
平成8年4月 ジャカルタ駐在員事務所開設
平成8年9月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
平成11年4月 東菱アット㈱設立
平成14年10月 ティーエス・サデ㈱設立
平成16年2月 上海駐在員事務所開設
平成17年3月 瀋陽駐在員事務所開設
平成18年8月 バンコク駐在員事務所開設
平成18年10月 菱東貿易(上海)有限公司設立