※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リケンテクノス
本店:東京都中央区日本橋本町三丁目11番5号

【商号履歴】
リケンテクノス株式会社(2001年10月1日~)
理研ビニル工業株式会社(1951年3月30日~2001年10月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1974年6月1日~
<名証1部>1974年6月1日~2003年5月 日(上場廃止申請)
<東証2部>1961年10月19日~1974年5月31日(1部指定)
<名証2部>1970年6月 日~1974年5月31日(1部指定)

【沿革】
昭和24年11月 東京工業大学において、塩化ビニル配合技術の基礎研究に着手、工業化調査
昭和26年3月 資本金200万円をもって当社を設立
昭和26年6月 東京都大田区の羽田において、塩化ビニルコンパウンド製造を開始
昭和30年10月 東京都大田区の蒲田工場を買収し、コンパウンド設備を移設・拡充
昭和31年12月 蒲田工場にカレンダーフイルム、押出フイルムの製造設備完成
昭和36年10月 東京証券取引所市場第2部に上場
昭和42年6月 埼玉県大里郡岡部町に、岡部工場用地買収
昭和43年12月 岡部工場に押出フイルムの設備完成操業開始
昭和44年11月 岡部工場に塩化ビニルコンパウンド及びカレンダーフイルム製造設備を新設
昭和45年6月 名古屋証券取引所市場第2部に上場
昭和47年12月 三重県亀山市に三重工場用地買収
昭和48年4月 大阪営業所開設
昭和48年12月 三重工場にコンパウンドの設備完成操業開始
昭和49年6月 東京・名古屋両証券取引所市場第1部に上場
昭和52年6月 理研プラスチックス工業株式会社株式(現・連結子会社)を取得
昭和52年11月 進興電線株式会社株式(現・連結子会社)を取得
昭和54年10月 名古屋営業所開設
昭和55年3月 福岡営業所開設
昭和55年4月 岡部工場にカレンダーフイルム3次加工製造設備を新設
昭和55年6月 三重工場に押出フイルム製造設備を新設
昭和57年4月 大阪営業所を大阪支店とする
昭和59年4月 材料開発研究所、フイルム開発研究所設立
昭和62年3月 三重工場にファインコンパウンド製造設備を新設
平成元年4月 タイに合弁会社、リケンタイランドカンパニーリミテッド(現・連結子会社)を設立
平成2年2月 米国に合弁会社、リムテックコーポレーション(現・連結子会社)を設立
平成2年12月 三重工場にカレンダーフイルム製造設備を新設
平成6年6月 岡部工場にカレンダーフイルム3次加工製造設備を増設
平成7年4月 インドネシアに合弁会社、P.T.リケンアサヒプラスチックスインドネシア(現・連結子会社)を設立。欧州駐在員事務所(オランダ)開設
平成7年5月 米国にリケンU.S.A.コーポレーション(現・連結子会社)を設立
平成10年1月 群馬県太田市に工場用地買収
平成10年10月 蒲田工場の生産部門を岡部工場・三重工場へ集約
平成11年5月 上海駐在員事務所開設
平成13年8月 中華人民共和国に合弁会社、上海理研塑料有限公司(現・連結子会社)を設立
平成13年10月 理研ビニル工業株式会社から、リケンテクノス株式会社へ社名変更
平成15年5月 名古屋証券取引所市場第1部上場を廃止。欧州駐在員事務所(オランダ)を閉所し、リケンテクノスヨーロッパB.V.(オランダ)(現・連結子会社)を設立
平成15年8月 中華人民共和国に合弁会社、理研食品包装(江蘇)有限公司(現・連結子会社)を設立
平成17年10月 群馬工場にフイルム設備完成操業開始
平成18年1月 岡部工場より埼玉工場に名称変更
平成18年3月 株式会社協栄樹脂製作所株式(現・連結子会社)を取得