※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

岡野バルブ製造
本店:北九州市門司区中町1番14号

【商号履歴】
岡野バルブ製造株式会社(1936年2月21日~)

【株式上場履歴】
<東証2部>1962年4月16日~
<福証>1962年4月16日~

【沿革】
大正15年11月 元会長岡野満が、門司市小森江(現北九州市門司区)に岡野商会を創設し、動力用高温高圧バルブの製作を開始した。
昭和10年3月 現本社所在地に新工場を建設し移転した。
昭和11年2月 資本金30万円をもって、岡野バルブ製造株式会社を設立した。
昭和18年12月 福岡県行橋市に行橋工場を新設し、素材から完成品までの一貫生産を確立した。
昭和25年8月 門司工場を機械加工・組立・試験の専門工場に改編し、行橋工場を素材生産専門工場に編成替えを行った。
昭和37年4月 東京証券取引所市場第2部及び福岡証券取引所に株式を上場した。
昭和39年9月 福岡県行橋市にスペロ機械工業株式会社を設立した(現・関連会社)。
昭和42年3月 福岡県北九州市に岡野工事株式会社を設立した(現・関連会社)。
昭和43年6月 BWR用バルブを日本原子力発電所敦賀1号に納入し、原子力用バルブの本格的生産を開始した。
昭和54年3月 米国機械学会(ASME)による原子力用一般弁の品質を保証するNスタンプの認定を取得した。
昭和54年9月 福岡県北九州市に岡野サービス株式会社を設立した(現・連結子会社)。
昭和55年7月 米国機械学会(ASME)による火力及び圧力容器用安全弁の品質を保証するU及びUVスタンプの認定を取得した。
昭和60年12月 大連高圧閥門廠(中華人民共和国)と合弁会社大連岡野閥門廠を設立した(現・関連会社)。
平成元年3月 福岡県北九州市に岡野メンテナンス株式会社を設立した(現・連結子会社)。
平成元年4月 福岡県行橋市に岡野工業株式会社を設立した。
平成元年10月 山武ハネウエル株式会社と業務協力に関する基本契約を締結した。
平成6年10月 国際標準化機構によるISO9001認証を取得した。
平成12年10月 子会社岡野サービス株式会社は、子会社岡野工業株式会社を吸収合併した。
平成12年10月 国際標準化機構による環境管理システムに関するISO14001認証を取得した。
平成19年6月 福島県双葉郡の福島第一事業所内にメンテナンス技能研修センターを建設した。
平成19年11月 福岡県行橋市の行橋工場内にメンテナンス技能研修センターを建設した。