日工
本店:兵庫県明石市大久保町江井島1013番地の1

【商号履歴】
日工株式会社(1968年2月1日~)
日本工具製作株式会社(1919年8月13日~1968年2月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1962年5月7日~
<大証1部>1949年5月16日~

【沿革】
第一次世界大戦が終わり欧州では復興のために、ショベルの需要が増大した。ここに神戸の「鈴木商店」の幹部によって、その製造は国家的にも有用として当社が誕生するに至った。
大正8年8月 「日本工具製作株式会社」設立、トンボ印ショベル・スコップの製造販売。
昭和13年2月 第3工場を新設。(現:トンボ工業㈱、日工セック㈱)
昭和24年5月 大阪証券取引所に上場。
昭和26年12月 コンクリートミキサ・ウインチなどの建設機械の製造を開始。
昭和31年4月 バッチャープラントの製造を開始。
昭和33年10月 アスファルトプラントの製造を開始。
昭和33年11月 大阪営業所を開設。(現:大阪支社)
昭和34年5月 東京出張所を開設。(現:東京本社)
昭和35年3月 ㈱市石工業所に資本参加。(現:日工マシナリー㈱)
昭和36年2月 札幌出張所を開設。(現:北海道支店)
昭和36年5月 明石市大久保町江井島にて、敷地10万㎡の総合建設機械工場に着手。(現:本社工場及び本社)
昭和36年9月 福岡出張所を開設。(現:九州支店)
昭和37年5月 東京証券取引所第一部に上場。
昭和37年7月 パイプサポートの製造を開始。
昭和38年11月 パイプ足場の製造を開始。
昭和39年10月 名古屋事務所を開設。(現:中部支店)
昭和41年10月 各種コンベヤの製造を開始。
昭和42年5月 仙台営業所を開設。(現:東北支店)
昭和42年10月 日工㈱設立。(現:日工興産㈱)
昭和43年2月 「日本工具製作株式会社」を「日工株式会社」に社名変更。
昭和44年5月 広島営業所を開設。(現:中国支店)
昭和46年5月 日工電子工業㈱設立。
昭和47年4月 鹿児島出張所を開設。(現:南九州営業所)
昭和51年9月 四国出張所(高松)を開設。(現:四国営業所)
昭和52年6月 信越出張所を開設。(現:北関東営業所)
昭和54年3月 ドラムミキシングアスファルトプラントの製造を開始。
昭和58年9月 水門の製造を開始。日工ゲート㈱資本参加。(現:日工マシナリー㈱)
昭和61年11月 東京技術サービスセンター(野田)を開設。
平成元年11月 明石市内に賃貸オフィスビルを新築。
平成元年11月 本社事務所ビルを改築。
平成2年3月 ㈱エヌ・アイ・シー設立。(平成17年7月清算)
平成3年4月 横浜営業所(横浜)を開設。(現:横浜サービスステーション)
平成3年10月 開発技術センター(明石)を新築。
平成5年12月 ベニングホーヘン(有・合)(ドイツ)資本参加。
平成6年2月 ニッコーバウマシーネン㈲(ドイツ)設立。
平成6年4月 トンボ工業㈱設立。
平成6年4月 飲料容器の再資源化プラントの製造を開始。
平成6年10月 幸手工場(幸手市)を開設。
平成6年10月 明石支店(明石)を開設。(現:明石サービスステーション)
平成7年4月 日工セック㈱設立。
平成9年2月 台北支店(台湾)を開設。
平成9年4月 日工マシナリー㈱が㈱日工製作所を吸収合併。
平成10年8月 ISO9001の認証取得。
平成10年8月 北京駐在員事務所開設。
平成12年4月 執行役員制を導入。
平成12年4月 社内カンパニー制を導入。
平成12年4月 油汚染土壌浄化システムの製造・販売を開始。
平成13年3月 廃プラスチック処理システムの製造・販売を開始。
平成13年4月 日工(上海)工程機械有限公司設立。
平成14年5月 ISO14001の認証取得。
平成14年5月 油汚染土壌浄化事業でビルフィンガー・ベルガー・ウンベルト社(ドイツ)と技術提携。
平成14年7月 ㈱新潟鐵工所よりアスファルト事業関連部門の財産を譲り受ける。
平成14年12月 SRS明石開設。
平成15年3月 ミルテック社(デンマーク)と圧縮減容器の日本における独占販売契約の締結。
平成16年2月 日工(上海)工程機械有限公司 605百万円に増資。
平成16年11月 日工(上海)工程機械有限公司嘉定工場完成。
平成16年12月 東京本社移転。
平成17年5月 日工(上海)工程機械有限公司 745百万円に増資。
平成18年6月 日工(タイランド)㈱を設立
平成18年8月 エヌ・ディー・シー㈱を設立(現:日工ダイヤクリート㈱)
平成18年10月 日工ダイヤクリート㈱が三菱重工業㈱よりコンクリートポンプ事業関連部門の事業を譲り受ける。