※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

内田油圧機器工業
本店:東京都港区浜松町二丁目1番13号

【商号履歴】
内田油圧機器工業株式会社(1961年12月~2005年1月1日ボッシュ・レックスロス・オートメーション株式会社に合併)
内田産業株式会社(1947年1月~1961年12月)
株式会社内田製作所(1939年4月~1947年1月)

【株式上場履歴】
<東証2部>1962年7月2日~2001年6月29日(株式分布状況)

【沿革】
昭和9年1月 東京都中野区において創業者内田稔が、航空機用燃料系・油圧系統の機能部品専門工場として内田製作所を創立。
昭和12年1月 東京都板橋区富士見町に陸海軍の指定工場として東京工場を建設。
昭和14年4月 資本金160万円の株式会社に改組。商号を株式会社内田製作所とする。
昭和16年9月 愛知県江南市布袋町に名古屋工場を建設。
昭和22年1月 社名を内田産業株式会社に改称し、民生用、産業用製品の生産を開始。
昭和36年12月 社名を内田油圧機器工業株式会社に改称。
昭和37年7月 東京証券取引所市場第二部に上場。
昭和37年9月 土浦工場を建設。
昭和45年5月 台湾台北市に合弁会社台湾内田油圧機股份有限公司(現博世力士楽股份有限公司)を設立。
昭和47年11月 大型ユニット製造用として土浦第二工場を建設。
昭和49年1月 大東ハイドロリックス株式会社を子会社化。
昭和50年4月 名古屋第二工場を建設。
昭和52年10月 土浦千代田工業団地に土浦工場を統合。
昭和53年6月 西ドイツ、レックスロス社と資本提携、資本金8億8000万円に増資。
昭和59年4月 東京工場を売却。技術・製造部門を土浦に移転。
平成元年9月 資本金21億6750万円に増資。
平成9年7月 資本金45億3171万5000円に増資。
平成13年6月 東京証券取引所市場第二部上場廃止。
平成13年10月 資本金66億3171万5000円に増資。