※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鬼怒川ゴム工業
本店:千葉市稲毛区長沼町330番地

【商号履歴】
鬼怒川ゴム工業株式会社(1961年7月~)
鬼怒川護謨工業株式会社(1939年10月1日~1961年7月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1978年9月1日~2016年10月21日(株式会社VGホールディングス第一号による株式売渡請求)
<東証2部>1962年7月26日~1978年8月31日(1部指定)

【合併履歴】
1966年12月 日 名取ゴム工業株式会社

【沿革】
昭和14年10月 自動車部品、その他ゴム製品の製造会社として、東京都江戸川区平井に鬼怒川護謨工業株式会社を創立。資本金7万円。
昭和36年7月 鬼怒川ゴム工業株式会社と商号変更。
昭和37年5月 千葉県千葉市に千葉工場新設、操業開始。
昭和37年7月 東京証券取引所市場第2部に上場。
昭和39年5月 本店所在地を千葉市に移転。
昭和41年12月 名取ゴム工業株式会社を合併。
昭和42年7月 輸出用ゴム玩具及び水中スポーツ用品部門を鬼怒川パシフィック㈱へ営業譲渡。
昭和46年3月 台湾桃園県に現地資本と合弁で中光橡膠工業股份有限公司を設立。(現・連結子会社)
昭和46年3月 栃木県真岡市に真岡工場新設、操業開始。
昭和52年3月 大分県中津市に九州工場新設、操業開始。
昭和52年10月 愛知県名古屋市に名古屋営業所を開設。
昭和53年9月 東京証券取引所市場第1部に上場。
昭和55年5月 関連企業3社との共同出資によりナリタ合成㈱を設立。(現・連結子会社)
昭和55年5月 千葉県千葉市に子会社コオニ運輸㈱(現・ケイジー物流㈱)を設立。(現・連結子会社)
昭和60年8月 CKRインダストリーズ・インク(平成13年1月よりTEPRO,INC.に商号変更)をテネシー州ウインチェスター市に設立。(現・連結子会社)
平成4年1月 福島県郡山市に子会社㈱郡山キヌガワを設立。
平成5年4月 ㈱嶋田チャンネル製作所の全株式を取得。
平成5年8月 当社子会社中光橡膠工業股份有限公司が、香港に全額出資子会社「星光橡塑発展有限公司」を設立。(現・連結子会社)
平成6年1月 星光橡塑発展有限公司が、中国天津市に現地資本と合弁で「天津星光橡塑有限公司」を設立。(現・関連会社)
平成8年8月 星光橡塑発展有限公司が、中国福州市に全額出資子会社「福州福光橡塑有限公司」を設立。(現・連結子会社)
平成9年9月 千葉工場閉鎖・跡地売却。
平成9年9月 ㈱郡山キヌガワを解散、郡山工場として操業。
平成11年9月 東洋ゴム工業㈱と資本・業務提携契約を締結。
平成12年3月 千葉市稲毛区に子会社㈱キヌテックを設立。(現・連結子会社)
平成13年6月 タイ国に合弁子会社キヌガワタイランド CO.,LTD.を設立。(現・連結子会社)
平成13年9月 国内3工場(郡山、九州、真岡)を生産委託会社として分社化し、福島県郡山市に㈱キヌガワ郡山、大分県中津市に㈱キヌガワ大分、栃木県真岡市に㈱キヌガワ防振部品及び㈱キヌガワブレーキ部品を設立。(現・連結子会社)
平成15年4月 佐藤ゴム化学工業㈱に㈱嶋田チャンネル製作所を合併。
平成16年1月 山口県周南市に子会社エスイーシー化成㈱を設立。(現・連結子会社)
平成16年5月 帝都ゴム㈱の株式を追加取得。(現・連結子会社)
平成17年6月 八洲ゴム工業㈱の株式を取得。(現・連結子会社)
平成17年7月 天津星光橡塑有限公司の持分を一部譲渡により持分法適用関連会社へ異動。
平成18年11月 中国広州市に子会社鬼怒川橡塑(広州)有限公司を設立。(現・連結子会社)