東京精密
本店:東京都三鷹市下連雀九丁目7番1号

【商号履歴】
株式会社東京精密(1962年4月~)
東京精密工具株式会社(1949年3月28日~1962年4月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1986年9月1日~
<東証2部>1962年8月2日~1986年8月31日(1部に指定替え)

【沿革】
昭和24年3月 ㈱東京精密の前身、東京精密工具㈱を設立。ミシン加工用切削工具、各種精密部品及び治具類の製作販売開始。資本金160万円。
昭和28年1月 高圧流量式空気マイクロメータのわが国初の工業化に成功。
昭和32年10月 差動変圧式電気マイクロメータのわが国初の工業化に成功。
昭和37年4月 社名変更(株式会社東京精密に改称)。
昭和37年8月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
昭和38年12月 八王子工場第一期工事完成。
昭和42年2月 八王子工場第二期工事完成。
昭和44年4月 アフターサービスを担当する会社として、㈱東精エンジニアリングサービス(現、㈱東精エンジニアリング)を設立。
昭和44年7月 土浦工場第一期工事完成。
昭和46年1月 八王子工場本館工事完成。
昭和56年8月 土浦座標測定機工場完成。
昭和60年10月 ソフトウェア開発を担当する会社として、㈱トーセーシステムズを設立。
昭和61年9月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
平成元年3月 海外営業展開の一拠点として西ドイツ(現、ドイツ)にTOKYO SEIMITSU EUROPE GmbH(現、ACCRETECH (EUROPE) GmbH)を設立。
平成元年10月 海外営業展開の一拠点として米国にTOKYO SEIMITSU AMERICA,INCを設立。
平成4年10月 海外生産拠点の確保を目的として米国のSILICON TECHNOLOGY CORPORATIONを買収。
平成7年4月 米国子会社の統括管理を目的として持株会社TSK AMERICA,INCを設立。
平成9年7月 八王子工場増築工事(第二工場棟)完成。
平成10年1月 北米地域における製造・販売の効率化を目指し、TSK AMERICA,INCを存続会社とし米国内の現地子会社4社を統合合併(現、ACCRETECH USA,INC)。
平成11年2月 子会社㈱マイクロ・テクノロジをグループ内におけるウェーハ外観検査装置の生産担当会社として位置づけ、増資及び組織変更を行う。
平成11年4月 子会社㈱東精エンジニアリングの土浦本社屋・工場及び㈱ティーエスケイ・マイクロテクノロジ(現、㈱アクレーテク・マイクロテクノロジ)の八王子本社屋・工場完成。
平成13年3月 八王子工場新本館工事完成。
平成13年6月 子会社㈱東精エンジニアリング、東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成14年10月 中国における販売、物流、保守サービスの拠点として東精精密設備(上海)有限公司を設立。
平成17年3月 八王子第三工場及び土浦新本館工事完成。
平成17年10月 当社グループの競争力強化と企業価値向上を目的として、株式交換により子会社㈱東精エンジニアリングを完全子会社とする。また、これに伴ない㈱東精エンジニアリングの東京証券取引所上場は廃止される。