※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新明和工業
本店:兵庫県宝塚市新明和町1番1号

【商号履歴】
新明和工業株式会社(1960年5月~)
新明和興業株式会社(1949年11月5日~1960年5月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1967年8月1日~
<大証1部>1967年8月1日~
<東証2部>1962年8月4日~1967年7月31日(1部に指定替え)
<大証2部>1962年8月4日~1967年7月31日(1部に指定替え)

【合併履歴】
2007年1月 日 新明和エアクラフトエンジニアリング株式会社
1960年4月 日 明和興業株式会社

【沿革】
昭和24年11月 企業再建整備法に基づいて明和興業株式会社(旧商号川西航空機株式会社、昭和3年11月創立)の第2会社の一つとして新明和興業株式会社の社名で設立され、自動二輪車、農機具の製造販売、車両修理等の事業並びに子会社である株式会社明和工務店(現・連結子会社)及び三和商事株式会社(現・連結子会社新明和商事株式会社)を承継
昭和25年12月 航空機部品の生産開始
昭和26年9月 川西式特装車(ダンプトラック、タンクローリ、特殊車)の架装開始
昭和29年1月 航空発動機の修理開始
昭和29年4月 自吸式ポンプの生産開始
昭和29年9月 航空機機体の修理開始
昭和35年4月 清算中の明和興業株式会社を吸収合併
昭和35年5月 社名を「新明和興業株式会社」から「新明和工業株式会社」に変更
昭和36年8月 宝塚工場を新設
昭和37年3月 広島工場を新設
昭和37年8月 東京証券取引所、大阪証券取引所 市場第二部に上場
昭和37年10月 塵芥車の生産開始
昭和39年8月 機械式駐車設備の生産開始
昭和41年6月 寒川工場を新設(平成元年11月 湘南工場に呼称変更)
昭和42年8月 東京証券取引所、大阪証券取引所 市場第一部銘柄に指定
昭和42年10月 新明和グランドサービス株式会社(現・連結子会社)を設立
昭和43年11月 開発センタを新設
昭和45年1月 電動理容椅子製造部門を分離し、明和工芸株式会社(現・連結子会社新明和リビテック株式会社)を設立
昭和45年6月 佐野工場を新設
昭和46年5月 新明和エンジニアリング株式会社(現・連結子会社)を設立
昭和47年10月 川西モーターサービス所のアフターサービス部門を分離し、株式会社カワモサービス(現・連結子会社新明和オートエンジニアリング株式会社)を設立
昭和48年8月 US―1型救難飛行艇1号機の製作開始
昭和49年4月 徳島分工場を新設
昭和51年5月 ごみ処理設備の生産開始
昭和56年4月 海外航空機部品の生産開始
昭和61年10月 新明和ソフトテクノロジ株式会社(現・連結子会社)を設立
昭和62年1月 東京本部ビルを新設
昭和62年12月 株式会社航和工業所を買収し、新明和エアクラフトエンジニアリング株式会社(現・連結子会社)に改称
昭和63年12月 Thai ShinMaywa Co., Ltd.(現・連結子会社)を設立
平成4年3月 小野工場を新設
平成6年4月 新明和メカプロダクト株式会社、新明和ウエステック株式会社(現・連結子会社)を設立
平成7年6月 メルテック株式会社(現・連結子会社)を設立
平成8年3月 上海日立双鹿冷櫃有限公司を設立
平成8年4月 新明和岩国航空整備株式会社(現・連結子会社)を設立
平成8年11月 US―1A型救難飛行艇の改造開発着手
平成14年1月 子会社上海日立双鹿冷櫃有限公司の持分譲渡完了
平成15年1月 子会社新明和メカプロダクト株式会社を吸収合併
平成15年4月 新明和エンジニアリング株式会社がポンプ等のサービスに関する営業を会社分割(分割型新設分割)し、新明和アクアテクサービス株式会社(現・連結子会社)を設立
平成16年4月 新盟和(上海)貿易有限公司(現・連結子会社)を設立
平成17年10月 ShinMaywa(Bangkok)Co.,Ltd.(現・連結子会社)を設立
平成18年8月 子会社新明和グランドサービス株式会社の株式を譲渡
平成19年1月 子会社新明和エアクラフトエンジニアリング株式会社を吸収合併