※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

太平化学製品
本店:埼玉県川口市領家四丁目5番19号

【商号履歴】
太平化学製品株式会社(1947年2月~)
太平工業株式会社(1945年8月~1947年)
田島化工株式会社(1938年2月~1945年)

【株式上場履歴】
<店頭管理>1978年7月 日~1999年9月 日(店頭管理銘柄取消)
<東証2部>1962年8月21日~1978年7月1日(資本の額不足)

【沿革】
昭和13年2月 田島化工株式会社を設立、埼玉県北足立郡(現、川口市)にて硝化綿製造販売開始。
昭和20年8月 太平工業株式会社に商号変更。
昭和21年5月 本社を東京都中央区日本橋小舟町二丁目3番地に移転。
昭和22年2月 太平化学製品株式会社に商号変更。
昭和26年12月 本社を東京都中央区日本橋小舟町二丁目7番地に移転。
昭和31年9月 カラーチップ製造販売開始。
昭和35年10月 硬質塩ビ板製造販売開始、商標をエビロンとする。
昭和37年8月 東京証券取引所市場第2部に上場。
昭和44年5月 キャブロイド製造販売開始。
昭和44年9月 草加工場完成。
昭和45年3月 草加工場にて24吋カレンダー営業運転開始。
昭和48年2月 キャブロイド押出機新設。
昭和50年9月 キューロン製造販売開始。
昭和50年10月 本社を東京都中央区京橋三丁目2番4号へ移転。
昭和51年4月 塩ビ部門全て川口工場より草加工場へ移転。
昭和53年6月 東京証券取引所市場上場廃止。
昭和53年7月 東京証券取引所店頭登録管理銘柄指定。
昭和56年3月 草加工場敷地の一部及び建物を東洋曹達工業株式会社(現、東ソー株式会社)に売却。
昭和60年6月 タイクリヤー製造販売開始。
昭和62年4月 変性アクリル板生地及びキャブアート生地製造販売開始。
昭和63年9月 草加工場にて24吋カレンダー増設、営業運転開始。
平成2年10月 川口工場にて洗剤製造販売開始。
平成4年10月 川口工場にて粘接着剤本格製造販売開始。
平成5年7月 現在地に本社を移転。
平成8年4月 草加工場にて押出機増設、営業運転開始。
平成11年9月 日本証券業協会「店頭登録管理銘柄」登録抹消。
平成11年10月 日本証券業協会への届出制度による「気配公表銘柄」登録。
平成16年9月 草加工場敷地の一部及び建物を東ソー株式会社より買戻し。