※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ユーエフジェイ銀行
本店:名古屋市中区錦三丁目21番24号

【商号履歴】
株式会社ユーエフジェイ銀行(2002年1月~2006年1月1日株式会社東京三菱銀行に合併)
株式会社三和銀行(1933年12月9日~2002年1月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~2001年3月27日(株式会社ユーエフジェイホールディングスに株式移転)
<大証1部>1949年5月16日~2001年3月27日(株式会社ユーエフジェイホールディングスに株式移転)
<京証>1949年8月 日~2001年3月1日(取引所閉鎖)
<札証>1950年4月1日~1963年7月5日(廃止)

【歴代社長】※頭取
中根 貞彦(1933年12月~1945年)日銀
岡野 清豪(1945年~1947年2月)日銀
渡邊 忠雄(1947年2月~1960年5月)日銀
上枝 一雄(1960年5月~1971年9月)
村野 辰雄(1971年9月~1976年)
赤司 俊雄(1976年~1982年)
川勝 堅二(1982年~1988年)
渡辺  滉(1988年6月~1994年)
佐伯 尚孝(1994年~1999年)
室町 鐘緒(1999年~2002年1月)
寺西 正司(2002年1月~2004年6月)三和
沖原 隆宗(2004年6月~2006年1月1日)三和

【合併履歴】
2002年1月 日 株式会社東海銀行
1992年10月 日 東洋信用金庫
1945年10月 日 株式会社大和田銀行
1945年5月 日 三和信託株式会社
1945年5月 日 株式会社大同銀行
1933年12月9日 株式会社三十四銀行
1933年12月9日 株式会社山口銀行
1933年12月9日 株式会社鴻池銀行

【沿革】
1933年12月9日 株式会社三十四銀行、株式会社山口銀行及び株式会社鴻池銀行の三行が新設合併。株式会社三和銀行設立。
1933年12月11日 営業開始。
1940年11月 東京本部設置。
1945年5月 三和信託株式会社、株式会社大同銀行を合併。
1945年10月 株式会社大和田銀行を合併。
1955年11月 新本店完成。
1960年4月 信託業務を東洋信託銀行株式会社に譲渡。
1969年10月 第一次サンバックシステム稼動。
1972年1月 加州三和銀行設立。
1973年12月 サンワ東京ビル完成。
1977年6月 第二次サンバックシステム稼動。
1986年9月 加州三和銀行がロイズ・バンク・カリフォルニアを買収。
1988年2月 ユニバーサルバンク体制強化のため本部組織を変更。
1988年3月 第三次総合オンラインシステム稼動。
1992年10月 東洋信用金庫を合併。
1994年10月 子会社、三和証券株式会社設立。
1995年8月 子会社、三和信託銀行株式会社設立。
1997年2月 リスク管理体制強化、重点業務強化のため本部組織を変更。
1998年3月 山一證券投資信託委託株式会社(のちのUFJパートナーズ投信株式会社)株式を取得。
1998年4月 マーケット別組織の導入、リスクマネージ力強化のため本部組織を変更。
1999年2月 リテール部門、法人部門における体制整備のため本部組織を変更。
1999年3月 ATMの24時間・365日稼動開始。
1999年7月 興亜火災海上保険株式会社・太陽生命保険相互会社・大同生命保険相互会社・東洋信託銀行株式会社、ユニバーサル証券株式会社と業務提携(フィナンシャルワン)。
1999年11月 日本火災海上保険株式会社と業務提携(フィナンシャルワン)。
2000年3月 新営業店端末の導入を開始。
2000年4月 カンパニー制の本格導入のため本部組織を変更。
2000年7月 株式会社東海銀行東洋信託銀行株式会社と経営統合に基本合意。
2001年3月 株式会社東海銀行、業務提携「フィナンシャルワン」に参加。
2001年4月 株式会社三和銀行、株式会社東海銀行東洋信託銀行株式会社3行が、株式移転により共同で株式会社ユーエフジェイホールディングスを設立し、その完全子会社となる。
2002年1月 株式会社東海銀行を合併。株式会社ユーエフジェイ銀行に商号変更。
2004年8月 株式会社東京三菱銀行との経営統合に基本合意。

【系図】
◆UFJ銀行←三和銀行(2006)
 ↑東海銀行(2002)
  ↑大阪信用組合←ホクトク信用組合←褒徳信用組合(正常債権のみ、1997)
   ↑淀川信用組合(1992)
   ↑大阪信用組合←正興信用組合(1958)
  ↑三和信用金庫←三和信用組合←保証責任三和信用購買利用組合←保証責任住宅信用購買利用組合星桜会←有限責任住宅信用購買利用組合星桜会(1991)
  ↑亀崎町信用組合(1945)
  ↑岡崎銀行←岡崎貯金(1945)
   ↑岡崎貯蓄銀行(1943)
    ↑碧海貯蓄銀行(1937)
    ↑三州貯蓄銀行(1936)
   ↑碧海銀行(1937)
   ↑稲橋銀行(1927)
  ↑稲沢銀行(1945)
   ↑愛知貯蓄銀行(1943)
   ↑清洲銀行(1937)
   ↑千秋銀行←千秋貯蓄銀行(1937)
   ↑岩倉銀行(1930)
  ↑大野銀行(1945)
   ↑赤羽根銀行(1922)
  ↑中央信託(1945)
  ↑尾州銀行(三和銀行買収分を除く、1943)
  ↑愛知銀行(1941)
   ↑深田銀行(1928)
   ↑枇杷島銀行(1918)
   ↑北方銀行(1918)
   ↑大垣銀行(1918)
   ↑東美銀行←今渡銀行(1917)
   ↑一宮銀行(1915)
   ↑関戸銀行(1914)
  ↑名古屋銀行(1941)
   ↑名古屋貯蓄銀行(1928)
   ↑淀橋銀行(1928)
   ↑多治見銀行(1925)
   ↑安達銀行(1918)
   ↑金城銀行(1917)
   ↑古知野銀行(1914)
   ↑笠松銀行(1912)
   ↑津島銀行(1907)
   ↑幅下銀行(1907)
   ↑豊島銀行(1907)
   ↑堀川銀行(大部分、1905)
  ↑伊藤銀行(1941)
   ↑知多銀行(1939)
    ↑知多銀行←内海銀行←堀川銀行(1922)
     ↑内海貯蓄銀行(知多貯蓄銀行買収分を除く、1908)
    ↑知多貯蓄銀行(1922)
     ↑内海貯蓄銀行(内海銀行買収分を除く、1908)
   ↑中埜銀行(1938)
    ↑中埜貯蓄銀行(1928)
 ↑東洋信用金庫←三徳信用組合(1992)
  ↑福利信用金庫←福利信用組合(1981)
 ↑大和田銀行(1945)
  ↑大和田貯蓄銀行(1943)
  ↑三方銀行(1941)
   ↑若州銀行(1935)
    ↑熊川銀行(1929)
    ↑三宅銀行←若狭貯金銀行(1929)
    ↑悠久銀行←悠久(1929)
   ↑若狭銀行(1930)
  ↑敦賀二十五銀行(1936)
   ↑本郷銀行(1929)
   ↑敦賀銀行(1928)
   ↑二十五銀行←第二十五国立銀行(1928)
    ↑小浜銀行←鵜羽(1926)
  ↑大和田貯金銀行←久二貯金銀行(1920)
 ↑大同銀行(1945)
  ↑南海銀行←新宮合同銀行((1931)
   ↑丙申銀行(1927)
   ↑牟婁銀行(1927)
   ↑田並農商銀行←田並銀行←田並株式共隆(1927)
    ↑農商銀行(1925)
   ↑保有銀行(1927)
   ↑高芝銀行(1926)
    ↑色川銀行(1925)
    ↑鼎立銀行←鼎立社←串本鼎立会社(1922)
   ↑古座銀行(1925)
   ↑新宮銀行(1925)
   ↑中谷銀行(1925)
  ↑四十三銀行(三十四銀行、紀伊貯蓄銀行、紀陽銀行、田辺銀行、六十三銀行買収分を除く、1930)
   ↑橋本銀行(1907)
   ↑紀伊銀行(1903)
   ↑和歌山商業銀行(1903)
    ↑有田起業銀行(1900)
   ↑紀州銀行(1900)
  ↑熊野共同銀行←共同銀行←白砂銀行(1929)
   ↑熊野貯蓄銀行(1899)
  ↑潮岬銀行←株式積善会社(1928)
  ↑木場銀行(1927) 
  ↑熊野銀行(1926)
  ↑尾崎銀行←新宮尾崎銀行(1926)
  ↑上田銀行←紀陽銀行(1926)
  ↑北山銀行(1925)
  ↑那智銀行(1925)
  ↑山口銀行←城東銀行(1925)
 ↑三和信託(1945)
  ↑仙台信託(1945)
  ↑讃岐信託(1941)
  ↑奈良信託(1941)
  ↑虎屋信託(1941)
  ↑南海信託(1941)
  ↑北摂信託(1941)
  ↑関西信託←大阪信託(1941)
   ↑名古屋信託(1932)
  ↑共同信託(1941)
  ↑鴻池信託←摂津信託(1941)
   ↑第一信託←第一信託保証(1927)
 ↑尾州銀行(東海銀行買収分を除く、1943)
 ↑山城八幡銀行(1942)
 ↑乙訓銀行(1942)
  ↑乙訓銀行(1926)
  ↑山崎銀行(1926)
 ↑河泉銀行(阪南銀行買収分を除く、1942)
 ↑辻林銀行←三林銀行(阪南銀行買収分を除く、1942)
  ↑大津銀行(1926)
 ↑更池銀行(1933)
  ↑長野銀行(1932)
 ↑三十四銀行←第三十四国立銀行(1933)
  ↑四十三銀行←第四十三国立銀行(紀伊貯蓄銀行、紀陽銀行、大同銀行、田辺銀行、六十三銀行買収分を除く、1930)
   ↑橋本銀行(1907)
   ↑紀伊銀行(1903)
   ↑和歌山商業銀行(1903)
    ↑有田起業銀行(1900)
   ↑紀州銀行(1900)
  ↑三十銀行←第三十国立銀行(1929)
   ↑第百四十三国立銀行(1880)
  ↑尾三商業銀行←尾張銀行(1928)
  ↑西六銀行(1927)
  ↑摂陽銀行←北浜銀行(1926)
   ↑藤本銀行(1906)
   ↑平安銀行(1904)
  ↑葛城銀行(1923)
  ↑大西銀行(1923)
  ↑尼崎銀行(1917)
  ↑有魚銀行(1901)
  ↑日本共同銀行(1899)
  ↑日本中立銀行←中立銀行(1899)
  ↑百二十一銀行←第百二十一国立銀行(1897)
 ↑山口銀行←第百四十八国立銀行(1933)
  ↑加島銀行(鴻池銀行、野村銀行の買収分を除く、1929)
   ↑星島銀行←藤島合資(1924)
   ↑加島貯蓄銀行(1921)
   ↑道源銀行(1916)
  ↑尼崎共立銀行(1929)
  ↑八坂銀行(1928)
  ↑田口銀行(1928)
  ↑摂池銀行(1927)
  ↑紀阪貯蓄銀行←紀阪銀行←農商銀行←百三銀行←九十五銀行←第九十五国立銀行(1925)
  ↑児山銀行(1925)
  ↑虎屋銀行(1922)
  ↑第三十一国立銀行(1889)
 ↑鴻池銀行←第十三国立銀行(1933)
  ↑加島銀行(野村銀行と山口銀行買収分を除く、1929)
   ↑星島銀行←藤島合資(1924)
   ↑加島貯蓄銀行(1921)
   ↑道源銀行(1916)
  ↑呉商工銀行←中村銀行(1929)
  ↑戸田銀行(1923)
  ↑泉町銀行(1900)