高砂香料工業
本店:東京都大田区蒲田五丁目37番1号

【商号履歴】
高砂香料工業株式会社(1951年2月1日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>1969年8月1日~
<大証1部>1971年10月1日~2004年3月25日(上場廃止申請)
<東証2部>1963年1月4日~1969年7月31日(1部に指定替え)

【合併履歴】
1951年2月1日 高砂香料株式会社
1951年2月1日 高砂化学工業株式会社

【沿革】
大正9年2月 高砂香料株式会社設立、香料製造販売開始。東京市麹町区有楽町に本社を置く。
大正9年7月 東京府荏原郡蒲田村に本社を移転。
昭和2年7月 大阪市南区に大阪出張所開設。(昭和11年1月 大阪支店に改称)
昭和14年7月 社名を高砂化学工業株式会社と改称。
昭和22年3月 神奈川県平塚市に平塚工場竣工。
昭和23年8月 販売会社として高砂香料株式会社を設立。
昭和26年2月 高砂香料株式会社と高砂化学工業株式会社が合併し、高砂香料工業株式会社に商号変更。本社を東京都中央区西八丁堀2-18とする。
昭和31年11月 福岡市上西町に福岡出張所開設。(昭和50年6月 福岡支店に改称)
昭和32年4月 名古屋市中区に名古屋出張所開設。(昭和35年6月 名古屋支店に改称)
昭和37年4月 東京都中央区西八丁堀1-2に本社を移転。
昭和38年1月 東京証券取引所市場第二部に上場。
昭和43年4月 米国、ニューヨークに現地法人Takasago USA,Inc.を設立。(昭和54年10月 ニュージャージー州に移転)
昭和43年11月 静岡県磐田郡豊田村に磐田工場竣工。
昭和44年8月 東京証券取引所市場第一部に昇格。
昭和50年5月 シンガポールに現地法人Takasago Far East Co Pte Ltd(現、連結子会社)設立。(昭和63年7月 Takasago International(Singapore)Pte Ltd に社名変更)
昭和52年1月 高栄産業株式会社(現、連結子会社)を神奈川県平塚市西八幡に設立。
昭和53年10月 フランス・パリに現地法人Takasago Europe Perfumery Laboratory S.A.R.L. (現、連結子会社)を設立。
昭和55年3月 茨城県鹿島郡波崎町に鹿島工場竣工。
昭和55年12月 東京都港区高輪3-19-22に本社を移転。
昭和58年5月 米国、ニュージャージー州にTakasago Corporation USAを設立。
昭和60年9月 高砂フードプロダクツ株式会社(現、連結子会社)を静岡県磐田郡浅羽町に設立。
昭和61年11月 有限会社高砂インターナショナルコーポレーション(現、連結子会社)を東京都港区高輪に設立。(平成4年9月株式会社化。平成10年11月 東京都大田区蒲田に移転)。
昭和62年10月 Takasago USA,Inc.とTakasago Corporation USAが合併し、Takasago International Corporation(U.S.A.)(現、連結子会社)に社名変更。
昭和63年11月 スペイン、Aceites Esenciales Y Derivados,S.A.(現、連結子会社)株式の30%を取得(平成10年12月株式100%を取得)(平成17年5月 Takasago International Chemicals(Europe)S.A.に社名変更)
平成4年1月 ドイツ、トロイスドルフに現地法人Takasago Europe G.m.b.H.(現、連結子会社)を設立。(平成11年4月ツルピヒにフレーバー工場竣工、本社をツルピヒに移転)
平成5年6月 神奈川県平塚市の平塚工場敷地内に新総合研究所を竣工。
平成7年11月 中国の上海日用化学工業開発公司(現、上海家化(集団)有限公司)との合弁会社上海高砂・鑑臣香料有限公司(現、連結子会社)の出資比率を60%に引き上げ子会社とする。
平成9年6月 高砂珈琲株式会社(現、連結子会社)は高砂コスモコーヒー株式会社を吸収合併する。(平成10年11月 東京都大田区蒲田に本社を移転)
平成10年11月 東京都大田区蒲田5-37-1に本社を移転。
平成16年1月 茨城県鹿島郡波崎町に鹿島第2工場竣工。
平成16年11月 中国広東省に現地法人高砂香料(広州)有限公司(現、連結子会社)を設立。(平成18年4月広州にフレーバー工場竣工)