※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:東京都中野区中野四丁目3番2号


【商号履歴】
株式会社丸井グループ(2007年10月1日~)
株式会社丸井(1937年3月30日~2007年10月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1965年6月1日~
<東証2部>1963年4月1日~1965年5月31日(1部指定)

【合併履歴】
1977年6月 日 株式会社ブルーインテリア
1977年6月 日 株式会社ロンザ
1977年6月 日 株式会社ステイド
1977年6月 日 株式会社マールド
1970年5月 日 丸井信用販売株式会社

【沿革】
当社は、昭和6年2月17日に東京都中野区において、青井忠治が「丸二」からのれん分けを受けて割賦販売業を創業したのに始まり、昭和10年4月に現商号「丸井」を制定、昭和12年3月30日に法人組織に改組(株式会社丸井、資本金5万円、社長青井忠治)しました。
昭和16年5月 戦時体制下の商業活動規制により、全店舗を閉鎖して休業。
昭和21年8月 旧本店近くに仮店舗を開設し、家具小売店として営業を再開。
昭和25年12月 割賦販売制度を再開。
昭和34年8月 株式会社丸井広告事業社(現 株式会社エイムクリエイツ)を設立。
昭和35年1月 「月賦」の呼称を「クレジット」に変え、企業の体質改善と近代化を推進。
昭和35年10月 丸井運輸株式会社(現 株式会社ムービング)を設立。
昭和38年4月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
昭和40年6月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
昭和41年8月 コンピューターを導入。
昭和45年5月 丸井信用販売株式会社を合併。
昭和49年4月 POSを導入、同時にオンライン信用照会システムを稼動させ、契約業務の簡素化を推進。
昭和50年9月 クレジット・カード「赤いカード」の店頭即時発行システムをスタートし、全顧客カード化を推進。
昭和52年4月 丸井クレジット・オンライン・システムを全店に導入。
昭和52年6月 株式会社ブルーインテリア、株式会社ロンザ、株式会社ステイド及び株式会社マールドを合併。
昭和56年2月 創業50周年を機に、消費者ローン事業を開始。
昭和56年9月 第2次オンライン・システム完成。
昭和58年8月 現金建値制を導入。
昭和59年9月 株式会社エムアンドシーシステムを設立。
昭和59年10月 組織改革により地域別の3営業本部制を導入。
昭和60年3月 「気分よく買える店」をめざしてA・S(アメニティ・オブ・ショッピング)運動を開始。
昭和61年8月 「M・TOPS」(丸井トータル・オペレーション・システム)の稼動開始。
昭和62年7月 株式会社シーエスシーサービス(現 株式会社シーエスシー)を設立。
平成2年1月 従来の3営業本部制を市場特性に応じた3営業部及び仕入部門を一本化した商品本部に組織変更。
平成3年2月 株式会社エムワンカード(現 株式会社ゼロファースト)を設立。
平成3年9月 「赤いカード」のデザイン・名称を一新し、様々な機能を付加した「エムワンカード」の発行を開始。
平成5年1月 組織改正により、営業部門、商品部門を一体化し1営業本部に改編。
平成6年9月 従来の「エムワンカード」に変え、新しいメンバーズカード「マルイカード」の発行を開始。
平成6年12月 本社を東京都中野区中野4丁目3番2号に移転。
平成8年2月 株式会社エム・ジェイ・ティ(平成15年10月 株式会社マルイファッションフリークへ社名変更)を設立(平成17年2月 会社清算)。
平成9年4月 仕入・POS・信用照会業務を1台に統合した新売場端末「ワークステーション」を導入。
平成10年2月 シー・アンド・シー時計販売株式会社(現 株式会社マルイアクセス)を株式取得により子会社化。
平成12年10月 キャッシングについてリボルビング払い方式の機能が付いた新しいメンバーズカード「赤いカード」の発行を開始。
平成13年2月 株式会社エムズモード(現 株式会社マルイエムズモード)を設立。
平成15年1月 株式会社マルイスマートサポートを設立。
平成15年5月 株式会社マルイシーズニングを設立。
平成16年3月 株式会社マルイパレット、株式会社マルイファッションナビを設立。
平成16年10月 株式会社マルイカード(現 株式会社エポスカード)を設立。
平成16年11月 株式会社エムアールアイ債権回収を設立。
平成17年5月 丸井グループ中期経営計画を発表。
平成18年3月 従来のハウスカードの良さにビザ・ブランドの汎用性が加わった新カード「エポスカード」の発行を開始。
平成18年4月 株式会社マルイヴォイを設立。
平成18年8月 株式会社インザルームを設立。
添付ファイル