持田製薬
本店:東京都新宿区四谷一丁目7番地

【商号履歴】
持田製薬株式会社(1945年4月28日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>1975年11月10日~
<東証2部>1963年5月13日~1975年11月9日(1部に指定替え)

【沿革】
大正2年2月 持田良吉 持田商会薬局を東京都文京区本郷に開業
大正7年2月 持田製薬所(旧 王子事業所、東京都北区 平成12年3月閉鎖)を開設し、本格的に医薬品製造を開始
昭和20年4月 持田製薬㈱を設立し、本店所在地を東京都北区神谷におく。
昭和24年4月 病医院への医薬情報提供の活動を開始
昭和24年12月 東京営業所(現 東京支店)を開設
昭和26年1月 大阪出張所(現 大阪支店)を開設
昭和32年6月 研究所(旧 王子事業所内)を設置
昭和34年1月 札幌出張所(現 札幌支店)を開設
昭和36年6月 福岡出張所(現 福岡支店)を開設
昭和38年5月 東京証券取引所市場第二部上場
昭和38年6月 名古屋出張所(現 名古屋支店)を開設
昭和45年4月 薬粧部門(現 持田ヘルスケア㈱)を設置
昭和47年4月 医療機器部門(現 持田シーメンスメディカルシステム㈱)を設置
昭和47年4月 静岡工場(現 藤枝事業所、現 持田製薬工場㈱ 静岡工場)を開設
昭和49年3月 東海ケミカル㈱(現 ㈱テクノネット、連結子会社)を設立
昭和50年3月 埼玉工場(現 持田ヘルスケア㈱、鴻巣市)を開設
昭和50年11月 東京証券取引所市場第一部に指定替え
昭和51年5月 インターファーム㈱(現 ㈱持田インターナショナル、連結子会社)を設立
昭和51年8月 本社ビル(東京都新宿区)を現在地に開設
昭和52年7月 本店所在地を東京都新宿区四谷本社ビルに移転
昭和57年7月 富士中央研究所(現 御殿場事業所)を開設
平成3年6月 大田原工場(現 持田製薬工場㈱)を開設
平成15年4月 持田メディカルシステム㈱(連結子会社)及び持田ヘルスケア㈱(連結子会社)を設立
平成15年10月 持田メディカルシステム㈱が医療機器事業を承継し、営業を開始
平成16年4月 持田ヘルスケア㈱がヘルスケア事業を承継し、営業を開始
平成16年4月 持田製薬工場㈱(連結子会社)を設立
平成16年8月 持田メディカルシステム㈱がシーメンスグループの資本参加を受け、持田シーメンスメディカルシステム㈱に社名を変更
平成17年4月 持田製薬工場㈱が医薬品製造事業を承継し、営業を開始