岡本工作機械製作所
本店:群馬県安中市郷原2993番地

【商号履歴】
株式会社岡本工作機械製作所(1935年6月10日~)

【株式上場履歴】
<東証2部>1963年10月3日~

【合併履歴】
1996年10月 日 芝山機械株式会社
1950年6月 日 細田機械工業株式会社

【沿革】
大正15年11月 岡本覚三郎個人経営にて岡本専用工作機械製作所を創業
昭和10年6月 株式会社岡本工作機械製作所と組織及び社名変更し、本店を東京市京橋区銀座3丁目4番地におく
昭和17年3月 当時主工場であった矢口工場設備の一部移転と新設による横浜工場の操業を開始
東京本社を横浜市港北区に移転
昭和20年9月 本社並びに横浜工場の全域を米軍により接収される
上記接収に伴い当社株式の市場取引自然停止
昭和25年6月 細田機械工業㈱を合併
昭和28年3月 平面研削盤の製作を開始
昭和32年3月 本社並びに横浜工場の接収全面解除される
平面研削盤のほか各種工作機械の開発生産体制を整備
昭和38年10月 東京証券取引所市場第二部上場
昭和47年11月 米国シカゴに販売会社として現地法人 OKAMOTO CORPORATIONを設立(現・連結子会社)
昭和48年4月 広島工場の歯車部門を分離独立 岡本歯車㈱を設立
昭和48年12月 シンガポールに同国で初めて工作機械を製造する現地法人OKAMOTO(SINGAPORE)PTE,LTD.を設立(現・連結子会社)
昭和50年5月 広島工場を分離独立 岡本工機㈱を設立 小型機種の製作を分担する
昭和50年9月 サービス部門を分離独立 岡本技研サービス㈱を設立
昭和52年6月 本社敷地内にショッピングセンタービルを建設、ユニー㈱に貸与する
昭和56年4月 山陽岡本㈱を設立 広島地区の販売に当る
昭和57年4月 群馬県安中市に安中工場完成 稼働開始
昭和58年8月 当社の関連会社である岡本技研サービス㈱が商号を技研㈱に変更(現・連結子会社)
昭和58年11月 横浜工場を移転閉鎖 神奈川県厚木市に厚木工場開設始動
昭和60年6月 新厚木工場完成 稼働開始
昭和61年4月 当社の子会社である岡本工機㈱、岡本歯車㈱、山陽岡本㈱の3社が合併し、新たに岡本工機㈱となる(現・連結子会社)
昭和62年10月 欧州工作機械メーカーと提携、輸入販売を開始
昭和62年12月 タイに現地法人 OKAMOTO(THAI)CO.,LTD.を設立(現・連結子会社)
平成2年4月 安中工場第二期工事完了
平成2年10月 ドイツに駐在員事務所設立
平成3年7月 ㈱ニッショーを買収し子会社とする(現・連結子会社)
平成3年9月 米国工作機械メーカーと業務提携
平成4年1月 ドイツに現地法人 OKAMOTO MACHINE TOOL EUROPE GMBHを設立(現・連結子会社)
平成4年9月 芝山機械㈱を買収し子会社とする
平成7年5月 シンガポールに販売・サービスの拠点として、シンガポール支店を開設
平成8年10月 芝山機械㈱を合併
平成12年3月 本社を厚木工場内に移転
平成14年8月 中国に上海駐在員事務所設立
平成15年6月 本店を安中工場内に移転