※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GKNドライブラインジャパン
本店:栃木県栃木市大宮町2388番地

【商号履歴】
GKNドライブラインジャパン株式会社(2010年1月1日~)
GKNドライブライントルクテクノロジー株式会社(2005年~2010年1月1日)
栃木富士産業株式会社(1964年6月5日~2005年)
新栃木富士産業株式会社(1964年2月~1964年6月5日)
大三興業株式会社(1949年9月15日~1964年2月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1991年9月2日~2005年4月28日(ジーケーエヌ・ドライブライン・栃木ホールディングス株式会社と株式交換=金銭交付)
<東証2部>1964年10月15日~1991年9月1日(1部指定)

【合併履歴】
1964年6月5日 栃木富士産業株式会社

【沿革】
当社は、昭和27年6月30日栃木富士産業株式会社として設立されたが、株式の額面金額を500円から50円に変更するため、昭和24年9月15日設立の大三興業株式会社(昭和39年2月新栃木富士産業株式会社に商号変更)を形式上の存続会社とし、昭和39年6月5日を合併期日として吸収合併を行ったものである。なお、同日栃木富士産業株式会社と商号を変更した。したがって、以下の記載については実質上の存続会社である栃木富士産業株式会社(被合併会社)並びに企業集団に関する事項について記載する。
昭和27年6月 資本金5,000千円にて栃木富士産業株式会社として設立し、軽オートバイ及び軽オート三輪車のエンジン並びにミッション部品の生産を開始する。
昭和30年2月 航空機部品の生産に着手する。
昭和36年10月 「自動車用滑り制限差動装置」(デフロック)の生産に着手する。
昭和39年10月 資本金200,000千円に増資。東京証券取引所市場第2部に上場。
昭和55年1月 ハブロックの生産に着手する。
昭和60年10月 ドイツ「ビスコドライブ社」(現商号:ジーケーエヌ・ドライブライン・インターナショナル・ゲーエムベーハー)(ジーケーエヌ・グループ)と共同出資し、自動車部品開発販売会社「ビスコドライブジャパン株式会社」(現・持分法適用関連会社)を設立した。
平成3年9月 東京証券取引所市場第1部に上場。
平成4年9月 福島県南会津郡に福島工場完成。
平成6年2月 栃木県栃木市に研究開発施設、試験場(テストコース)完成。
平成7年12月 中国江蘇省昆山市に自動車部品製造販売会社「富士和機械工業(昆山)有限公司」(現・連結子会社)を設立した。
平成8年3月 インドネシア西ジャワ州プルワカルタ県に自動車部品製造販売会社「栃木富士・インドネシア・マニュファクチャリング株式会社」(現・連結子会社)を設立した。
平成10年7月 米国オハイオ州ウッド郡ボーリンググリーン市に自動車部品製造販売会社「栃木富士・アメリカ・マニュファクチャリング株式会社」(現・連結子会社)を設立した。
平成13年11月 三菱自動車工業(株)より事業の一部を譲受け、愛知県名古屋市に同社の建物を賃借し、名古屋工場として稼動を開始した。
平成14年3月 主要株主の異動に伴い、ジーケーエヌ・オートモーティブ・インターナショナル・ゲーエムベーハー(現商号:ジーケーエヌ・ドライブライン・インターナショナル・ゲーエムベーハー)(ジーケーエヌ・グループ)が筆頭株主となる。(その他の関係会社に該当)
平成14年4月 栃木工場内の4工場を統合して、最新鋭の2階建て新工場完成。
平成16年5月 ジーケーエヌ・ドライブライン・スマイア・エセ・アー(ジーケーエヌ・グループ)が当社株式を対象とする公開買付を実施し、当社の親会社となる。