※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:金沢市彦三町一丁目13番43号

【商号履歴】
真柄建設株式会社(1962年9月~)
株式会社真柄組(1943年6月12日~1962年9月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1972年2月1日~2008年8月6日(民事再生法適用申請)
<大証1部>1972年2月1日~2008年8月6日(民事再生法適用申請)
<名証1部>1972年2月1日~2003年10月 日(上場廃止申請)
<東証2部>1966年4月5日~1972年1月31日(1部指定)
<大証2部>1963年1月4日~1972年1月31日(1部指定)
<名証2部>1963年8月 日~1972年1月31日(1部指定)

【筆頭株主】
真柄敏郎氏

【沿革】
明治40年3月、初代真柄要助(現社長の曾祖父)が金沢市において個人企業として土木建築請負業「真柄組」を創業し、その後、昭和9年3月に二代目真柄要助(現社長の祖父)が事業を継承し、昭和18年6月に組織を改め、資本金60万円で「株式会社 真柄組」を設立し、本社を金沢市に、支店を東京都に設置した。
昭和22年4月 大阪支店を開設
昭和24年10月 建設業法により総合建設業として建設大臣登録(イ)第123号の登録を完了
昭和24年12月 名古屋支店を開設
昭和37年9月 真柄建設株式会社に商号変更
昭和38年1月 当社株式を大阪証券取引所市場第二部に上場
昭和38年8月 当社株式を名古屋証券取引所市場第二部に上場
昭和38年12月 本社ビルが現在地(金沢市彦三町)に完成し、本社を移転
昭和41年4月 当社株式を東京証券取引所市場第二部に上場
昭和42年2月 事業目的に不動産事業を追加
昭和45年11月 営業活動の中枢機能強化のため、東京本社を設置
昭和46年3月 宅地建物取引業法により宅地建物取引業者として建設大臣免許(1)第876号を取得(以後3年ごとに免許更新)
昭和47年2月 東京証券取引所、大阪証券取引所、名古屋証券取引所とも市場第一部に指定される。
昭和47年9月 建設業法の改正に伴い、建設大臣許可(特―47)第100号を受けた。(以後3年ごとに更新)
昭和62年12月 事業の拡大と多様化に備え、事業目的の整備とゴルフ場、スポーツ施設等の保有・経営、コンピューターソフトウエアの開発・販売等の追加を行った。
昭和63年12月 決算期を9月30日から3月31日に変更
平成5年4月 九州支店を開設
平成8年9月 建設大臣許可(特―8)第100号の許可を受けた。(以後5年ごとに許可更新)
平成10年3月 建設大臣免許(10)第876号の免許を受けた。(以後5年ごとに免許更新)
平成15年10月 名古屋証券取引所の株式上場を廃止した。
平成20年7月5日 大阪地裁に民事再生法適用申請。
添付ファイル