※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

群馬銀行
本店:前橋市元総社町194番地

【商号履歴】
株式会社群馬銀行(1955年1月~)
株式会社群馬大同銀行(1932年10月~1955年1月)
群馬県金融株式会社(1932年9月14日~1932年10月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1970年2月2日~
<東証2部>1969年4月1日~1970年2月1日(1部に指定替え)

【合併履歴】
1932年11月 日 株式会社群馬銀行
1932年11月 日 株式会社上州銀行

【沿革】
昭和7年9月 群馬県金融統制要項に基づき、大蔵省ならびに群馬県知事の斡旋を受け、群馬県金融株式会社として設立(資本金70,000円 本店 前橋市)
昭和7年10月 銀行業の認可を得て、株式会社群馬大同銀行と改称。同年11月株式会社群馬銀行及び株式会社上州銀行を吸収して、県是銀行として発足。その後、県内にあったいくつかの銀行を合併・買収
昭和30年1月 行名を現在の株式会社群馬銀行とする
昭和36年4月 外国為替業務取扱開始
昭和44年4月 当行株式東京証券取引所市場第二部に上場(昭和45年2月市場第一部に指定)
昭和46年2月 群馬中央興業株式会社(現連結子会社)を設立
昭和47年4月 新本店(現在地)完成
昭和47年11月 総合オンラインシステム稼動(昭和53年4月第二次総合オンラインシステム稼動)
昭和48年10月 群馬総合リース株式会社(現連結子会社)を設立
昭和55年9月 群馬ビジネスサービス株式会社(現連結子会社)を設立
昭和58年4月 公共債窓口販売業務取扱開始
昭和59年6月 債券ディーリング業務開始
昭和62年6月 担保附社債信託法に基づく受託業務認可
昭和62年7月 ぐんぎんキャリエール株式会社(現連結子会社)を設立
昭和62年10月 第三次総合オンラインシステム稼動
昭和63年10月 ぐんぎん総合メンテナンス株式会社(現連結子会社)を設立
平成元年5月 証券先物取引の取次業務の認可
平成元年6月 金融先物取引業の認可
平成2年5月 証券先物・オプション取引に係る受託業務の認可
平成3年2月 群馬財務(香港)有限公司(現連結子会社)を設立
平成6年1月 信託業務の取扱開始
平成10年12月 証券投資信託の窓口販売開始
平成13年4月 保険商品の窓口販売開始
平成17年8月 証券仲介業務の取扱開始
平成19年2月 銀行本体発行クレジットカードの取扱開始
(平成18年3月末現在 当行国内本支店128、出張所16、海外支店1 )
(平成19年3月末現在 当行国内本支店127、出張所17、海外支店1)