※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:大阪府門真市大字門真1006番地


【商号履歴】
パナソニック株式会社(2008年10月1日~)
松下電器産業株式会社(1935年12月15日~2008年10月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~
<名証1部>
<大証1部>1949年5月16日~2013年7月15日(東証に統合)

【歴代社長】
松下幸之助(1935年~1961年)
松下 正治(1961年~1977年)
山下 俊彦(1977年~1986年)
谷井 昭雄(1986年~1993年)
森下 洋一(1993年~2000年)
中村 邦夫(2000年~2006年)
大坪 文雄(2006年~2012年)
津賀 一宏(2012年~)

【連結子会社等】
(連結子会社)
パナソニック電工 大阪府門真市 52.1%
㈱IPSアルファテクノロジ 千葉県茂原市 44.9%
パナソニックプラズマディスプレイ㈱ 大阪府茨木市 75.0%
パナソニックコミュニケーションズ 福岡市博多区 100.0%
パナホーム 大阪府豊中市 54.6%
パナソニックエレクトロニックデバイス㈱ 大阪府門真市 100.0%
パナソニックモバイルコミュニケーションズ 横浜市都筑区 100.0%
パナソニックファクトリーソリューションズ㈱ 大阪府門真市 100.0%
パナソニックエコシステムズ 愛知県春日井市 100.0%
MT映像ディスプレイ㈱ 大阪府高槻市 100.0%
パナソニック四国エレクトロニクス 愛媛県東温市 100.0%
サンクス 愛知県春日井市 51.7%
パナソニック半導体ディスクリートデバイス㈱ 京都市右京区 100.0%
パナソニックロジスティクス㈱ 大阪府摂津市 100.0%
パナソニックインフォメーションシステムズ 大阪市北区 63.8%
パナソニックフォト・ライティング㈱ 大阪府高槻市 100.0%
パナソニックコンシューマーマーケティング㈱ 大阪市北区 99.7%
パナソニック半導体オプトデバイス㈱ 鹿児島県日置市 100.0%
パナソニック溶接システム㈱ 大阪府豊中市 100.0%
パナソニックインダストリーセールス㈱ 東京都中央区 100.0%
パナソニックエレクトロニックデバイス福井㈱ 福井県福井市 100.0%
パナソニックエレクトロニックデバイス松江㈱ 島根県松江市 100.0%
パナソニックカーエレクトロニクス㈱ 東京都品川区 82.9%
パナソニックSSエンジニアリング㈱ 横浜市港北区 100.0%
パナソニックSSマーケティング㈱ 東京都新宿区 100.0%
パナソニックCCソリューションズ㈱ 東京都目黒区 100.0%
パナソニックテレコム㈱ 東京都港区 100.0%
パナソニック ノースアメリカ㈱ アメリカ・ニュージャージー 100.0%
パナソニック エレクトロニックデバイス アメリカ㈱ アメリカ・テネシー 100.0%
パナソニック ファイナンス アメリカ㈱ アメリカ・ニューヨーク 100.0%
パナソニック アビオニクス㈱ アメリカ・カリフォルニア 100.0%
パナソニック カナダ㈱ カナダ・オンタリオ 100.0%
パナソニック メキシコ㈱ メキシコ・メキシコディー.エフ. 100.0%
パナソニック ブラジル㈲ ブラジル・サンパウロ 100.0%
パナソニック ヨーロッパ㈱ イギリス・バーク 100.0%
パナソニック イギリス㈱ イギリス・バーク 100.0%
パナソニック ファイナンス ヨーロッパ㈱ イギリス・ロンドン 100.0%
パナソニック ホールディング オランダ㈲ オランダ・アムステルダム 100.0%
パナソニック グローバルトレジャリーセンター㈲ オランダ・アムステルダム 100.0%
パナソニック エレクトロニックデバイス ヨーロッパ㈲ ドイツ・ルーエンブルグ 100.0%
パナソニック マーケティング ヨーロッパ㈲ ドイツ・ヴィスバーデン 100.0%
パナソニック インダストリー ヨーロッパ㈲ ドイツ・ハンブルグ 100.0%
パナソニックASヨーロッパ㈲ ドイツ・ハール 100.0%
パナソニック スペイン㈱ スペイン・バルセロナ 100.0%
パナソニック イタリア㈱ イタリア・ミラノ 100.0%
パナソニックAVCネットワークス チェコ㈲ チェコ・プルゼニ 100.0%
㈲IPSアルファテクノロジヨーロッパ チェコ・ホムトフ 100.0%
パナソニック イースタン ヨーロッパ㈲ オーストリア・ウィーン 100.0%
パナソニックCIS㈱ フィンランド・ヘルシンキ 100.0%
パナソニック マーケティング ミドルイースト㈱ UAEドバイ 100.0%
パナソニックAVCネットワークス シンガポール㈱ シンガポール 100.0%
パナソニック アジアパシフィック㈱ シンガポール 100.0%
パナソニック半導体アジア㈱ シンガポール 100.0%
パナソニック ファクトリーソリューションズ シンガポール㈱ シンガポール 100.0%
パナソニック四国エレクトロニクス シンガポール㈱ シンガポール 100.0%
パナソニック冷機デバイス シンガポール㈱ シンガポール 100.0%
パナソニック インダストリー アジア㈱ シンガポール 100.0%
MT映像ディスプレイ マレーシア㈱ マレーシア・セランゴール 100.0%
パナソニック ファイナンシャルセンター マレーシア㈱ マレーシア・セランゴール 100.0%
パナソニック コミュニケーションズ マレーシア㈱ マレーシア・ジョホール 100.0%
パナソニック エレクトロニックデバイス マレーシア㈱ マレーシア・セランゴール 100.0%
パナソニックHAエアコンマレーシア㈱ マレーシア・セランゴール 99.8%
パナソニック インダストリー マレーシア㈱ マレーシア・クアラルンプール 100.0%
パナソニック コミュニケーションズ フィリピン㈱ フィリピン・ラグナ 100.0%
パナソニック オーストラリア㈱ オーストラリア・ニューサウスウェールズ 100.0%
パナソニック台湾㈱ 台湾中和市 69.8%
パナソニック インダストリー台湾㈱ 台湾台北市 100.0%
パナソニック チャイナ㈲ 中国北京市 100.0%
パナソニック プラズマディスプレイ上海㈲ 中国上海市 51.0%
パナソニックHA杭州㈲ 中国杭州市 100.0%
パナソニック・万宝コンプレッサー広州㈲ 中国広州市 68.7%
パナソニック半導体上海㈲ 中国上海市 83.5%
パナソニック半導体蘇州㈲ 中国蘇州市 100.0%
パナソニック バッテリー無錫㈲ 中国無錫市 100.0%
パナソニック コミュニケーションズ珠海㈲ 中国珠海市 100.0%
パナソニックHAエアコン広州㈲ 中国広州市 67.8%
パナソニック エレクトロニックデバイス北京㈲ 中国北京市 100.0%
パナソニック インダストリー中国㈲ 中国上海市 100.0%
パナソニック ファイナンス チャイナ㈲ 中国上海市 100.0%
パナソニック溶接システム唐山㈲ 中国唐山市 60.0%
パナソニック インダストリー深圳㈲ 中国深圳市 66.7%
パナソニック・信興インダストリー香港㈱ 中国香港 66.7%
パナソニック ロジスティクス香港㈱ 中国香港 100.0%
その他  470 社
(持分法適用関連会社)
住信・松下フィナンシャルサービス㈱ 大阪市北区 34.0%
東芝松下ディスプレイテクノロジー㈱ 東京都港区 40.0%
ミネベアモータ㈱ 東京都目黒区 40.0%
アドコアテック㈱ 神奈川県横須賀市 44.2%
日本オーチス・エレベータ㈱ 東京都中央区 18.8%
パナソニックEVエナジー㈱ 静岡県湖西市 40.0%
㈱日本クライメイトシステムズ 広島県東広島市 33.3%
三社電機製作所 大阪市東淀川区 26.6%
中国華録・パナソニックAVCネットワークス㈲ 中国大連市 51.0%
その他  128 社

【合併履歴】
2008年10月1日 松下電池工業株式会社
2008年4月1日 松下冷機株式会社
2005年4月 日 松下産業情報機器株式会社
2001年4月 日 松下電子工業株式会社
1995年4月 日 松下住設機器株式会社
1988年4月 日 松下電器貿易株式会社

【沿革】
大正7年3月 松下幸之助により大阪市福島区大開町に松下電気器具製作所を設立創業、配線器具の製造を開始
大正12年3月 砲弾型電池式ランプを考案発売
昭和2年4月 「ナショナル」の商標を制定
昭和8年5月 門真に本店を移転、事業部制を採用
昭和10年8月 松下電器貿易㈱を設立
昭和10年12月 改組し、松下電器産業株式会社となる(昭和10年12月15日設立、資本金1,000万円)
昭和24年5月 東京証券取引所及び大阪証券取引所に当社株式を上場
昭和26年9月 名古屋証券取引所に当社株式を上場
昭和27年1月 中川機械㈱(現在の松下冷機㈱)と資本提携
昭和27年12月 オランダのフィリップス社との技術提携により、松下電子工業㈱を設立し、管球製造所の4工場を当社から分離
昭和28年5月 中央研究所を設立
昭和29年2月 日本ビクター㈱と資本提携
昭和30年12月 九州松下電器㈱を設立
昭和31年5月 大阪電気精器㈱を設立
昭和33年1月 子会社松下通信工業㈱(現在のパナソニックモバイルコミュニケーションズ㈱)を設立し、通信機器製造部門を当社から分離
昭和34年9月 アメリカ松下電器㈱(現在のパナソニック ノースアメリカ㈱)を設立(以後海外各地に製造販売の拠点を設ける)
昭和36年1月 取締役社長に松下正治が就任
昭和37年8月 東方電機㈱(旧松下電送システム㈱)と資本提携
昭和44年11月 松下寿電子工業㈱を設立
昭和46年12月 ニューヨーク証券取引所に当社株式を上場
昭和50年12月 米貨建転換社債額面総額1億ドルを発行
昭和51年1月 子会社松下電子部品㈱(現在のパナソニック エレクトロニックデバイス㈱)を設立し、電子部品製造部門を当社から分離
昭和52年1月 子会社松下住設機器㈱及び松下産業機器㈱を設立し、住宅設備機器製造部門及び産業機器製造部門を当社から分離
昭和52年2月 取締役社長に山下俊彦が就任
昭和54年1月 子会社松下電池工業㈱を設立し、電池製造部門を当社から分離
昭和60年7月 米国に金融子会社パナソニック・ファイナンス・インクを設立(昭和61年5月には欧州にも2社設立)
昭和60年10月 半導体基礎研究所を設立
昭和61年2月 取締役社長に谷井昭雄が就任
昭和62年3月 決算期を11月20日から3月31日に変更
昭和63年4月 松下電器貿易㈱を合併
平成元年4月 創業者 松下幸之助 逝去
平成2年12月 米国の大手エンターテインメント企業MCA社を買収
平成5年2月 取締役社長に森下洋一が就任
平成5年5月 オランダのフィリップス社と松下電子工業㈱に関する合弁契約を解消し、フィリップス社保有の松下電子工業㈱株式の全数を買取
平成7年4月 松下住設機器㈱を合併
平成7年6月 米国子会社が保有するMCA社に対する持分の80%をカナダのシーグラム社へ譲渡
平成11年2月 第91回定時株主総会の決議に基づいて、50百万株(988億円)の利益による自己株式の消却を実施
平成12年4月 松下冷機㈱を株式交換により完全子会社化
平成12年6月 取締役社長に中村邦夫が就任
平成13年4月 松下電子工業㈱を合併
平成14年4月 ㈱東芝と液晶事業の合弁会社東芝松下ディスプレイテクノロジー㈱を設立
平成14年10月 松下通信工業㈱、九州松下電器㈱、松下精工㈱、松下寿電子工業㈱及び松下電送システム㈱を、株式交換により完全子会社化
平成15年1月 事業再編により、事業ドメイン別経営管理に移行。グループ会社の九州松下電器㈱が松下電送システム㈱と合併
平成15年4月 ㈱東芝とブラウン管事業の合弁会社松下東芝映像ディスプレイ㈱(現在のMT映像ディスプレイ㈱)を設立。松下電子部品㈱、松下電池工業㈱を、株式交換により完全子会社化。グローバルブランドを「Panasonic」に統一
平成16年4月 松下電工㈱株式の追加取得により、同社・パナホーム㈱及び傘下の子会社を連結子会社化
平成17年4月 松下産業情報機器㈱を合併
平成18年2月 米国子会社が保有するユニバーサルスタジオ関連会社(旧MCA社)株式の全てをビベンディーユニバーサル社に譲渡
平成18年6月 取締役社長に大坪文雄が就任
平成19年3月 松下東芝映像ディスプレイ㈱を完全子会社化
平成19年8月 日本ビクター㈱の第三者割当増資実施により、日本ビクター㈱及びその子会社を連結子会社から持分法適用関連会社に変更
添付ファイル