※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ
本店:大阪市北区梅田二丁目5番25号

【商号履歴】
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(1997年7月3日~)
株式会社芙蓉経営科学研究所(1980年1月31日~1997年7月3日)

【株式上場履歴】
<東証1部>2003年3月14日~2011年7月22日(株式会社MMホールディングス及び増田宗昭氏が全部取得)
<東証マザーズ>2000年4月26日~2003年3月13日(1部指定)

【合併履歴】
1998年4月 日 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社

【沿革】
昭和60年9月 大阪府吹田市垂水町にビデオレンタルフランチャイズ本部としてカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社を設立。
昭和61年11月 東京都千代田区にカルチュア・コンビニエンス・クラブ・東京株式会社を設立。
昭和62年11月 福岡市中央区にカルチュア・コンビニエンス・クラブ・九州株式会社を設立。
昭和63年3月 大阪市中央区にカルチュア・コンビニエンス・クラブ・大阪本部株式会社を設立。
昭和63年10月 大阪市南区に商品情報提供のため日本エー・ブイ情報ネットワーク株式会社を設立。顧客データの管理代行サービスのため株式会社アダムス(現 株式会社Tカード&マーケティング、現 連結子会社)を設立。
昭和63年12月 本店を大阪府枚方市に移転。
平成3年4月 カルチュア・コンビニエンス・クラブ・東京株式会社、カルチュア・コンビニエンス・クラブ・大阪本部株式会社、カルチュア・コンビニエンス・クラブ・九州株式会社を吸収合併すると同時に、被合併会社2社の本店を東京支店、九州支店として承継。
平成3年4月 本店を大阪市中央区に移転。
平成4年1月 東京支店を東京都渋谷区に移転。
平成5年7月 CD販売事業TSUTAYA RECORDSのフランチャイズ展開を開始。
平成6年11月 東京支店を東京都渋谷区恵比寿に移転。
平成7年4月 ツタヤ東日本株式会社(設立平成元年11月)、ツタヤ西日本株式会社(設立昭和63年11月)にて店舗運営事業を開始。
平成7年8月 日本ソフトサービス株式会社を設立して、CD卸売事業を開始。
平成7年9月 ディレク・ティービー・ジャパン株式会社に出資して、衛星放送事業に参入。
平成9年1月 ユー・ファクトリー株式会社(設立昭和62年5月、現 連結子会社)にて中古CD、中古ビデオ等の販売を開始。
平成9年4月 カルチュア・パブリッシャーズ株式会社(設立昭和63年1月、現 連結子会社)にてデジタルコンテンツ、映像及び音楽事業を開始。
平成10年4月 株式額面変更のため、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(旧 株式会社芙蓉経営科学研究所)と合併。
平成11年10月 株式会社渋谷ツタヤを設立して、SHIBUYA TSUTAYAの運営を開始。
平成12年1月 事業方針の変更に伴い、株式会社ディレク・ティービー(旧ディレク・ティービー・ジャパン株式会社)に対する出資等を全て株式会社ソウ・ツー(現マスダアンドパートナーズ株式会社)に譲渡。
平成12年3月 TSUTAYA online事業を行う株式会社シー・シー・シーオンライン(現 株式会社ツタヤオンライン、現 連結子会社)を子会社化。
平成12年4月 東京証券取引所マザーズに株式を上場。
平成12年10月 ツタヤ西日本株式会社(株式会社TSUTAYA STORES 東京に商号変更)がツタヤ東日本株式会社を吸収合併。
平成13年6月 ジェット・リーシング・インターナショナル有限会社(設立昭和62年12月)を株式取得により子会社化し、株式会社ツタヤ・ステーション(株式会社TSUTAYA STORES 九州に商号変更)に商号変更。
平成13年8月 株式会社南大阪ツタヤでイワキインフォテインメント株式会社より営業譲受された店舗の運営を開始。
平成13年8月 株式会社ツタヤ・ステーションにて株式会社ヴィステーション及び同社100%子会社メディアステーション有限会社より営業譲受された店舗の運営を開始。
平成13年10月 ツタヤ西日本株式会社が株式会社渋谷ツタヤを吸収合併し、株式会社渋谷ツタヤ(株式会社TSUTAYA STORES 東京に商号変更)に商号変更。
平成14年6月 星電明石家電株式会社(株式会社兵庫ツタヤに商号変更)を株式取得により子会社化。
平成14年6月 星電健康産業株式会社(株式会社関東ツタヤに商号変更)を株式取得により子会社化。
平成14年7月 株式会社関東ツタヤで第一家庭電器株式会社より譲受した店舗の運営を開始。
平成14年7月 株式会社リバティハウス(株式会社神奈川ツタヤに商号変更)を株式取得により子会社化。
平成15年3月 株式会社関東ツタヤが株式会社神奈川ツタヤを吸収合併。
平成15年3月 東京証券取引所市場第一部に指定。
平成15年8月 株式会社ホイッスル(旧 株式会社北九州ツタヤ)を株式取得により子会社化。
平成16年3月 株式会社レントラックジャパン(現 連結子会社)の株式取得により同社及び同社グループを子会社化。
平成16年3月 スーパーリーシング有限会社(現 株式会社TSUTAYA STORES ホールディングス、現 連結子会社)を買収し、子会社化。
平成16年4月 株式会社渋谷ツタヤがツタヤ東日本株式会社を吸収合併し、株式会社TSUTAYA STORES 東京に商号変更。
平成16年4月 株式会社兵庫ツタヤが株式会社南大阪ツタヤを吸収合併し、株式会社TSUTAYA STORES 大阪に商号変更。
平成16年7月 当社他の出資により株式会社BBB(現 連結子会社)を設立。
平成17年3月 株式会社TSUTAYA STORES ホールディングス(現 連結子会社)が株式会社ヴァージン・メガストアーズ・ジャパン(現 連結子会社)を株式取得により子会社化。
平成17年4月 株式会社TSUTAYA STORES大阪が株式会社TSUTAYA STORES九州、株式会社関東ツタヤ、株式会社北九州ツタヤを吸収合併。
平成17年5月 シー・シー・シーインベストメント株式会社(現 連結子会社)を設立し、子会社化。
平成17年9月 株式会社アイ・エム・ジェイ、株式会社ツタヤオンライン、株式会社Tカード&マーケティングの出資により、株式会社CCCコミュニケーションズ(現 連結子会社)を設立。
平成17年11月 株式会社アイ・エム・ジェイ(現 連結子会社)、株式会社デジタルスケープ(現 連結子会社)、デジタルハリウッド株式会社(現 連結子会社)を株式取得により各社及び各社グループ会社を子会社化。
平成18年3月 分社型新設分割によりフランチャイズ事業を事業目的とした株式会社TSUTAYA(現 連結子会社)を設立し、純粋持株会社に移行。
平成18年3月 株式会社レントラックジャパン(現 連結子会社)を株式交換により完全子会社化。
平成18年3月 日本ソフトサービス株式会社(現 持分法適用関連会社、現 株式会社MPD)を株式譲渡により連結子会社から持分法適用関連会社化。
平成18年4月 株式会社TSUTAYA STORES大阪が株式会社TSUTAYA STORES東京を吸収合併し、株式会社TSUTAYA STORESに商号変更。
平成18年7月 株式会社TSUTAYA(現 連結子会社)が株式会社すみや(現 連結子会社)を株式取得により子会社化。
平成18年10月 分社型新設分割により株式会社レントラックジャパン(現 連結子会社)のオンラインDVDレンタル事業を事業目的とした株式会社ツタヤ・ディスカス(現 連結子会社)を設立。
平成18年12月 株式会社レントラックジャパン(現 連結子会社)が株式会社トップ・パートナーズ(現 連結子会社)を株式取得により完全子会社化。