※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ANAファシリティーズ
本店:大阪市西区西本町1丁目10番10号

【商号履歴】
ANAファシリティーズ株式会社(2008年8月~)
全日空ビルディング株式会社(1975年5月7日~2008年8月)
中和商事株式会社(1947年5月1日~1975年5月7日)

【株式上場履歴】
<大証2部>1989年11月 日~2005年9月27日(全日本空輸株式会社と株式交換)

【合併履歴】
1975年10月1日 全日空ビルディング株式会社

【沿革】
実質上の存続会社である大阪航空ビルディング㈱は、不動産賃貸事業を主目的として昭和36年8月1日に設立され、昭和41年9月28日全日空ビルディング㈱と商号変更いたしました。その後、株式の額面変更を目的として、昭和50年10月1日を合併期日として同社名の全日空ビルディング㈱(旧社名 中和商事㈱、昭和22年5月1日設立、昭和50年5月7日商号変更して全日空ビルディング㈱とする。)に形式上吸収合併され現在に至っております。以下の記載事項は、特記しない限り実質上の存続会社に関するものであります。
昭和36年8月 不動産の賃貸及び売買を事業の主たる目的として、商号『大阪航空ビルディング㈱』(資本金2億円)を設立。
昭和36年11月 東京事務所を開設。
昭和36年11月 損害保険代理店事業を開始。
昭和39年7月 「全日空ビルディング本館」を竣工し、賃貸業務を開始。
昭和41年9月 商号を『全日空ビルディング㈱』に変更。
昭和42年12月 宅地建物取引業免許を取得。
昭和43年2月 貸寮・社宅業務の第1号として「全日空桜ヶ丘寮」を竣工し、賃貸業務を開始。
昭和49年6月 東京事務所を東京支店に改組。
昭和49年8月 分譲マンション・サニークレストシリーズの第1号として「サニークレスト札幌」を竣工。
昭和51年1月 生命保険代理店事業を開始。
昭和54年6月 大阪市西区所在のビルを買取り、名称を「西本町全日空ビルディング」として賃貸業務を開始。
昭和55年1月 厚木市所在のビルを買取り、名称を「アツギハピネスビル」として賃貸業務を開始。
昭和56年2月 「ひらかた全日空スイミングスクール」を竣工し、スイミングスクール事業を開始。
昭和60年7月 「全日空ビルディング新館」を竣工し、賃貸業務を開始。
昭和62年10月 豪州に現地法人『ANA Real Estate Australia Pty Ltd』を設立。
平成元年3月 大阪支店を開設。
平成元年7月 米国に現地法人『ANA Real Estate Hawaii, Inc.』を設立。(現・連結子会社)
平成元年11月 大阪証券取引所市場第二部に上場。
平成2年9月 『全日空ビル海南開発㈱』を設立。
平成2年10月 『全日空ビル広島開発㈱』を設立。
平成5年9月 サブリース事業として「江坂全日空ビルディング」の賃貸業務を開始。
平成6年6月 休眠会社であった㈱全日空リネンサプライの社名を『㈱エー・アール・イー』に変更し、不動産賃貸事業を開始。
平成6年9月 建築工事業許可を取得。
平成9年5月 『㈲ジー・ディー・ピー』を設立。(現・連結子会社)
平成10年7月 大阪支店、東京支店を営業統轄本部に改組。
平成10年10月 大阪市中央区所在のビルを買取り、名称を「淀屋橋全日空ビルディング」として賃貸業務を開始。
平成11年1月 東京都港区所在のビルを買取り、名称を「三田全日空ビルディング」として賃貸業務を開始。
平成11年3月 東京都港区所在のビルを買取り、名称を「田町全日空ビルディング」として賃貸業務を開始。
平成11年8月 本店事務所を「西本町全日空ビルディング」へ移転。
平成11年11月 営業統轄本部を営業統括本部に名称を変更。
平成13年2月 連結子会社である『㈱エー・アール・イー』を吸収合併。
平成13年3月 サブリース事業として「渋谷蓬莱屋ビル」の賃貸業務を開始。
平成15年1月 『全日空ビル広島開発㈱』を解散。
平成15年3月 『全日空ビル海南開発㈱』を解散。
平成16年7月 スイミングスクール事業を外部企業に営業譲渡。