※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東急ストア
本店:東京都目黒区上目黒一丁目21番12号

【商号履歴】
株式会社東急ストア(1981年6月10日~)
テー・エム工業株式会社(1947年12月12日~1981年6月10日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1987年8月1日~2008年6月25日(東京急行電鉄株式会社と株式交換)
<東証2部>1982年12月15日~1987年7月31日(1部に指定替え)

【合併履歴】
2002年2月 日 株式会社マインズ
1982年3月1日 株式会社東急ストア

【沿革】
当社は、昭和31年10月10日株式会社東横百貨店の全額出資により、首都圏近郊におけるスーパーマーケットの経営を目的として設立されました。その後、株式の額面金額を500円から50円に変更するため、昭和22年12月12日設立の株式会社東急ストア(旧称テー・エム工業株式会社、同社は昭和56年6月10日社名を株式会社東急ストアに変更)を形式上の存続会社として、昭和57年3月1日を合併期日とする吸収合併を行ないましたが、以下の記載については実質上の存続会社である株式会社東急ストアに関する事項についての記載であります。
昭和31年10月 東京都渋谷区上通二丁目55番地に、資本金10,000千円をもって東横興業株式会社を設立。
昭和31年11月 川崎市中原区小杉町において武蔵小杉店を開設し、物品販売を開始。
昭和32年4月 白木興業株式会社との合併により大森店・五反田店・高円寺店の営業を引き継ぎ、これによりチェーンストア指向の方針を固める。
昭和32年9月 社名を株式会社東光ストアに変更。
昭和41年4月 東京都渋谷区大和田町98番地に本店を移転(昭和45年1月に住居表示変更があり東京都渋谷区桜丘町26番20号)。
昭和46年8月 東光食糧販売株式会社(昭和58年6月 東光食糧株式会社に商号変更。現・連結子会社)を設立。
昭和48年12月 東光デイリー食品株式会社(昭和54年3月 東光食品株式会社に商号変更。現・連結子会社)を設立。
昭和50年3月 社名を株式会社東急ストアに変更し、東急グループの一員であることを明確にする。
昭和50年3月 東京都目黒区上目黒一丁目21番12号に本店を移転。
昭和51年11月 株式会社東光ドラッグ(現・連結子会社)を設立。
昭和53年3月 株式会社協同技術センター(現・連結子会社)に資本参加。
昭和54年2月 東光青果株式会社、東光水産株式会社の吸収合併により生鮮部門の直営体制を実現。
昭和56年3月 財務内容の整備ならびに経営効率の強化をはかるため、当社の不動産管理会社である東光土地建物株式会社を吸収合併。
昭和57年3月 株式額面変更のため株式会社東急ストア(旧称テー・エム工業株式会社)に吸収合併。
昭和57年12月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
昭和58年11月 東光サービス株式会社(現・連結子会社)を設立。
昭和62年8月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
昭和63年2月 株式会社東急フローラ(平成9年6月 株式会社東光グリーン・フーズに商号変更。現・連結子会社)を設立。
平成4年7月 株式会社ティ・エスエステート(平成10年12月 株式会社マインズに商号変更。)を設立。
平成14年2月 グループ経営の効率化と事業基盤の強化をはかるため、株式会社マインズを吸収合併。
平成15年8月 当社本社及び中目黒店(中目黒本社ビル:東京都目黒区)で、環境管理システムの国際規格である「ISO14001」の認証を取得。
平成16年2月 東光食糧株式会社が、「ISO14001」の認証を取得。
平成18年3月 第三者割当増資引受けにより、株式会社札幌東急ストアを連結子会社とする。
平成18年7月 「ISO14001」の認証を新たに59店舗および流通センター・研修センターで認証取得し、全事業所での認証取得を完了。
平成19年2月 平成19年2月28日現在の店舗数は101店舗であります。