※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本ピストンリング
本店:さいたま市中央区本町東五丁目12番10号

【商号履歴】
日本ピストンリング株式会社(1934年12月20日~)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~
<名証1部>  年 月 日~2008年12月27日(上場廃止申請)
<大証1部>1949年5月16日~2004年5月16日(上場廃止申請)
<札証>  年 月 日~2004年5月16日(上場廃止申請)

【沿革】
昭和9年12月 東京市芝区田村町に日本ピストンリング株式会社を設立。川口工場を開設。
昭和14年4月 与野工場を開設。
昭和24年5月 東京、大阪の各証券取引所(市場第一部)に株式上場。
昭和35年2月 本社を東京都千代田区内幸町に移転。
昭和39年6月 株式会社日本リングサービスを設立。
昭和42年12月 現地資本との合弁で台湾に台和交通工業股份有限公司を設立。
昭和46年9月 無鉛ガソリン用特殊合金バルブシートを開発。
昭和48年1月 ドイツにシュトレ モトーレンタイレ社を設立。
昭和48年7月 アメリカにエヌピーアール オブ アメリカ社を設立。
昭和49年4月 株式会社日ピス福島製造所を設立。
昭和51年4月 バラタ インドネシア社、ビナウサハ インドネシア社等との合弁でインドネシアにバニヌサ インドネシア社を設立。
昭和55年6月 本社を東京都千代田区九段北に移転。
昭和57年9月 株式会社日ピス川口製造所および株式会社日ピス物流センターを設立。
昭和58年12月 株式会社日ピス今西製造所(現株式会社日ピス島根)を設立。
昭和59年10月 川口工場を移転、栃木工場を開設。
昭和60年10月 PMカムシャフトを開発、量産化に成功。
昭和63年2月 決算期を11月30日から3月31日に変更。
平成元年6月 与野工場野木分工場(現株式会社日ピス岩手野木分工場)を開設。
平成2年4月 株式会社日ピス岩手を設立。
平成8年2月 インドのアイピー リングス社に資本参加。
平成9年7月 サイアム セメント パブリック社(現セメンタイ ホールディング社)との合弁でタイにサイアム エヌピーアール社を設立。
平成9年10月 TPM優秀賞第一類受賞(与野工場・栃木工場)。
平成10年5月 本社を埼玉県与野市(現さいたま市)に移転。
平成10年10月 TPM優秀賞第一類受賞(株式会社日ピス福島製造所・株式会社日ピス岩手)。
平成11年1月 与野工場がISO9001認証取得。
平成11年11月 TPM継続賞第一類受賞(栃木工場)。
平成11年12月 ドイツにエヌピーアール オブ ヨーロッパ社を設立。
平成12年1月 自動車用ピストンリングでQS9000認証取得。
平成12年2月 株式会社日ピス福島製造所がISO9001認証取得。
平成12年12月 インドネシアにニッポンピストンリング インドネシア社(現エヌティー ピストンリング インドネシア社)を設立。
平成12年12月 本社がISO14001認証取得。
平成12年12月 株式会社日ピス福島製造所がQS9000認証取得。
平成13年9月 栃木工場ISO9001、QS9000認証取得。
平成13年11月 株式会社日ピス福島製造所がISO14001認証取得。
平成13年12月 サイアム エヌピーアール社(タイ)100%子会社化。
平成14年5月 栃木工場ISO14001認証取得。
平成14年9月 株式会社日ピス岩手一関工場が操業開始。
平成15年2月 国内NPRグループのISO14001全社一括登録認証取得。
平成16年5月 大阪証券取引所(市場第一部)上場廃止。
平成16年8月 アメリカにエヌピーアール マニュファクチュアリング ミシガン社を設立。
平成17年1月 エヌピーアール オブ ヨーロッパ社とシュトレ モトーレンタイレ社が合併。
平成17年1月 中国に日環汽車零部件製造(儀征)有限公司を設立。
平成17年1月 R&I格付取得(BBB)
平成17年2月 シンガポール事務所を現地法人化し、エヌピーアール シンガポール社を設立。
平成17年9月 中国に日塞環貿易(上海)有限公司を設立。
平成18年3月 インドネシアにエヌピーアール マニュファクチュアリング インドネシア社を設立。
平成18年4月 中国に日塞環汽車零部件製造(鎮江)有限公司を設立。
平成18年5月 アメリカにエヌピーアール マニュファクチュアリング ケンタッキー社を設立。
平成18年6月 アメリカにエヌピーアール ユーエス ホールディングス社を設立。