※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:東京都江東区東陽二丁目4番39号

【商号履歴】
株式会社オーテック(1989年4月~)
大石商事株式会社(1948年7月16日~1989年4月)

【株式上場履歴】
<東証JASDAQ>2013年7月16日~
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>2000年4月25日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【筆頭株主】
金商株式会社

【連結子会社等】
(連結子会社)
株式会社道東オーテック 北海道帯広市 54.0%
株式会社システム計装 札幌市東区 100.0%
株式会社チュートク 東京都江東区 99.2%
(持分法適用関連会社)
株式会社大和バルブ 東京都品川区 21.0%
株式会社九州オーテック 福岡市博多区 31.2%

【沿革】
昭和23年7月 バルブ・鉄管継手等の建設用配管材料の販売を目的として、資本金1,000千円にて東京都中央区西八丁堀に大石商事株式会社を設立
昭和26年2月 バルブ製造会社として、東京都品川区西品川に関連会社大和バルブ工業株式会社を設立
昭和27年4月 北海道札幌市北十六条に札幌出張所(現 札幌支店)を開設
昭和30年6月 宮城県仙台市立町に仙台出張所(現 仙台支店)を開設
昭和35年4月 大阪府大阪市西区新町に大阪出張所(現 大阪支店)を開設。計装部を設置し、空調自動制御機器の販売及びこれに伴う工事に進出
昭和36年4月 山武ハネウェル株式会社(現 株式会社山武)の空調制御事業部と特約店契約を結ぶ
昭和39年4月 愛知県名古屋市西区那古野町に名古屋出張所(現 名古屋支店)を開設
昭和41年4月 山武ハネウェル株式会社(現 株式会社山武)の機器制御事業部と取扱店契約を結ぶ
昭和47年4月 東京都中央区八丁堀に東京支店を開設(本社営業部と分離し、東京支店として開設)
昭和48年5月 東京都中央区月島に東京支店配送センターを開設
昭和49年4月 北海道札幌市西区二十四軒に札幌支店計装分室(現 北海道支店)を開設
昭和50年4月 群馬県高崎市貝沢町に前橋出張所(現 北関東支店)を開設
昭和51年6月 道東地区の販売拠点として、北海道帯広市東八条に子会社道東大石商事株式会社を設立
昭和52年3月 福岡県の販売拠点として、福岡県福岡市博多区美野島に関連会社九州大石商事株式会社を設立
昭和52年7月 東京都江東区越中島に本社、東京支店、東京支店配送センターを移転
昭和53年7月 本店計装課、名古屋支店計装課、仙台支店計装課(現 システム事業本部東京支店、中部支店、東北支店)をそれぞれ計装営業所に昇格
昭和55年10月 工事の下請会社として、北海道札幌市西区発寒に子会社株式会社システム計装を設立
昭和57年6月 茨城県新治郡桜村に筑波出張所(現 東関東支店)を開設
昭和58年10月 山武ハネウェル株式会社(現 株式会社山武)のプロセス制御事業部と特約店契約を結ぶ
昭和61年10月 東京都江東区東陽に本社、東京支店、東京計装営業所を移転
昭和61年11月 東京都江東区新砂に東京支店配送センターを移転
昭和62年3月 東京都江戸川区北葛西に東京支店配送センターを移転
平成元年4月 商号を株式会社オーテックに変更
平成3年3月 東京都江東区富岡に本社を移転
平成3年8月 大和バルブ工業株式会社を株式会社大和バルブに商号変更
平成5年9月 東京都江東区東陽に本社を移転
平成6年4月 組織変更を行い事業本部制とする
平成9年12月 新事業開発室(現 環境機器事業本部)を設置
平成10年4月 道東大石商事株式会社を株式会社道東オーテックに商号変更
平成12年3月 九州大石商事株式会社を株式会社九州オーテックに商号変更
平成12年4月 日本証券業協会に株式を店頭登録
平成12年8月 東京支店配送センターと統合のため、東京都江戸川区北葛西に管材事業本部東京支店を移転
平成13年12月 品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001を取得
平成16年8月 環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001を取得
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年10月 株式会社チュートクの株式を取得し子会社化
添付ファイル